• 「火花」「スクラップ・アンド・ビルド」が全文読める!「月刊文藝春秋」9月号は本日8月7日発売 初の特装版も

    2015年08月07日
    楽しむ
    日販 販売企画G
    Pocket

    本日「月刊文藝春秋 9月号」が発売となります。

    「月刊文藝春秋」の9月号には、毎年芥川賞受賞作が全文掲載されます。今年は又吉直樹さんの「火花」と羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」が受賞しており、本誌では、作品の全文のほかにも選評や受賞作家のインタビューを読むことができます。特に又吉直樹さんの『火花』単行本(文藝春秋)は品薄の状態が続いていますので、まだ入手されていない方はこちらで読んでみるのもひとつの方法ですね。

    そして、そんな「月刊文藝春秋」に、期待をさらに上回る企画が登場しました。それは、今回が初めてとなる“特装版”の同日発売です。

    文藝春秋 平成27年9月号 特装版
    発売日:2015年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,200円(税込)
    ISBNコード:9784160086319

    特装版には通常版「月刊文藝春秋 9月号」に加え、特別付録として「月刊文藝春秋 芥川龍之介追悼號」復刻版がついてきます。

    【表紙】復刻版『文藝春秋』昭和2年9月号_R

    「月刊文藝春秋 芥川龍之介追悼號」は、昭和2(1927)年7月24日に芥川龍之介が死去したことを受け、「文藝春秋」創設者で芥川の友人でもあった菊池寛が、芥川死去の翌月に「月刊文藝春秋 9月号」として刊行したもの。芥川賞は、菊池寛が彼の業績を記念して設立した文学賞ですので、まさに芥川賞の原点といってよいでしょう。

    「芥川龍之介追悼號」には芥川龍之介の遺稿や著名作家による追悼エッセイ・寄稿などが収録されており、全224ページもの大ボリュームとなっています。

    遺稿は「十本の針」「或旧友へ送る手記」「芥川氏の書翰」の3本。すべて書籍未収録作品です。追悼エッセイや寄稿も、山本有三、谷崎潤一郎、菊池寛、武者小路実篤、横光利一、柳田國男とかなり豪華な面々が揃っています。

    目次

    今回限りの復刻版です。価格も1,200円(税込)と、内容に対してかなり安価に設定されています。ぜひ手に入れて、当時の空気に触れてみてください。

    文藝春秋 平成27年9月号 特装版
    発売日:2015年08月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,200円(税込)
    ISBNコード:9784160086319

     

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る