• 『神のみぞ知るセカイ』の若木民喜が贈るガールズ・アイドル物語開幕!第1巻発売で描き下ろしペーパー配布中

    2017年09月15日
    楽しむ
    日販 販売企画部 なーちゃん
    Pocket

    サンデーの大人気作家が描く、新時代のガールズ・アイドル物語!!

    『聖結晶アルバトロス』で連載デビューし、『神のみぞ知るセカイ』『なのは洋菓子店のいい仕事』などを連載してきたサンデーの人気作家・若木民喜さん。2017年5月からは「週刊少年サンデー」(小学館)にて、新連載『キング・オブ・アイドル』がスタートしています。

    『キング・オブ・アイドル』は、アイドルの卵たちがトップアイドルを目指して切磋琢磨する物語。彼女たちの仕草や表情が魅力的で、連載開始当初から「若木民喜の描く女の子はやっぱり最高だ!」と読者の間で話題になっています。

    今回は9月15日(金)の単行本第1巻発売にあわせて、最新作『キング・オブ・アイドル』の内容をご紹介します。

    過去の若木作品の中では、ギャルゲーをモチーフにした『神のみぞ知るセカイ』に近い雰囲気の本作。神のみファンは必読ですよ!

    キング・オブ・アイドル 01
    著者:若木民喜
    発売日:2017年09月
    発行所:小学館
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784091276865

     

    さすが若木民喜! 登場する女の子がみんなかわいい、かわいい!!

    物語の舞台は、今よりも少し先の未来。東京の中心街“神坂”にあるガールズアイドル養成学校「National Entertainment & Music School」、通称「NEMS(ネムズ)」の最終入学試験当日からお話は始まります。

    主人公は、受験生の一人である遙名まほろ。

    そして彼女のほかにも、試験会場には個性あふれる女の子たちが集まっていました。

    ▼ジュニアタレントとしてすでに活躍している渋谷キサラ。

    ▼昨年受験した時は最終で落ちてしまった、クール系美少女の瀬川瀬奈。

    ▼田舎出身、神社の娘で巨乳おっとり系の赤井瞳。

    ▼陸上競技と食べることが大好き! 明るくて元気な飛鳥未来。

    最終試験を受けるのは、まほろを含めたこの5人。試験内容は「大勢の観衆の前で1曲歌を歌い、審査員たちの心を掴むこと」です。

    精一杯歌を歌う彼女たち。そしてついに、まほろの出番がやってきます。

    歌声を披露する前に、司会者から「どんなアイドルになりたいか?」と質問されたまほろ。その答えは……

    自分が目指すのは、アイドルの頂点=「キング・オブ・アイドル」である。そう宣言し、まほろは「真夏の情熱」という歌を立派に歌い上げました。

    最終試験の結果は、5人全員合格。アイドルの頂点を目指して、NEMSでの挑戦が始まります。……と思いきや……

    第1話のラストは衝撃的! なんと、まほろは男の子だったのです。

    NEMSは男子禁制、しかも全寮制。まほろは正体を隠し通し、キング・オブ・アイドルになれるのでしょうか? なぜ男の子なのにガールズアイドルを目指すことにしたのか、まほろの真意が気になります。

    そしてもう一つ紹介しておきたいのが、まほろの持つ不思議な“声”の力。実はまほろの声には、他人の行動に影響を与えるという不思議な力があるのです。

    ▼最終試験前の一幕。まほろが気持ちを込めて言葉を発すると、周囲の人は無意識にその通りに行動してしまいます。

    まほろのこの力が、物語でどんなふうに描かれていくのか。こちらにも注目です!

    〉試し読みはこちらから
    http://websunday.net/rensai/koi/

     

    単行本第1巻は9月15日発売! まほろの描き下ろしカラーペーパー配布中

    『キング・オブ・アイドル』待望の第1巻は、9月15日(金)発売。これを記念して一部書店では、描き下ろしペーパーが配布されています。

    ペーパーのデザインは、主人公・遙名まほろのカラーイラスト! 若木民喜さんによる描き下ろしです。アイドルの衣装を着て微笑むまほろ。まさか男の子だなんて夢にも思わないかわいさですね!

    なお、この描き下ろしペーパーはなくなり次第終了となります。ぜひお近くの書店で、早めにゲットしてくださいね。

    〉描き下ろしペーパー配布店舗一覧
    http://hon-hikidashi.jp/enjoy/35838/

    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る