• 映画大好きポンポさん表紙

    一気読みの気持ち良さがハンパない!50万人が熱狂した『映画大好きポンポさん』単行本がついに発売

    2017年08月25日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    50万人が熱狂したWeb漫画『映画大好きポンポさん』ついに発売!!

    「おい、これタダで読んでいいのか?」
    「全身に鳥肌立った。これはヤバい」
    「1秒でも早く単行本にしてくれ!」

    読み終えた読者からこんな声が飛び交った超話題のWeb漫画『映画大好きポンポさん』が単行本化され、8月26日(土)に発売されます。

    映画大好きポンポさん
    著者:杉谷庄吾【人間プラモ】
    発売日:2017年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:864円(税込)
    ISBNコード:9784040694535

     

    『映画大好きポンポさん』ってどんな漫画?

    『映画大好きポンポさん』は、映画の都「ニャリウッド」で映画製作に携わる人々を描いた群像劇。2017年4月に、作者の杉谷庄吾【人間プラモ】さんがイラスト投稿サイト「pixiv」で公開した作品です。

    136ページというWeb漫画としては長編の作品でありながら、冒頭で紹介したような読者の声が次々にSNSに投稿され、またたく間に50万ページビュー以上という驚異的な閲覧数を記録しました。

    主人公は、敏腕プロデューサーのジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネット(通称ポンポさん)。幼女のようなルックスですが、引退した伝説の大プロデューサーを祖父に持ち、コネクションだけでなく審美眼やマネジメント力、決断力と行った映画製作に必要な才能をすべて備えている“映画の申し子”というべき天才です。

    ▼プロフィールの「好きな映画」からだいたいどんな人物なのかがわかるという、映画好きが思わずニヤリとしてしまうポイントも。
    映画大好きポンポさん 映画プロデューサー ポンポさん

    そしてもう一人の中心人物が、ジーン・フィニという青年。彼は仕事が終わってからも夜中まで映画を観るほど映画漬けの生活を送っている“会社一の映画オタク”で、映画監督を目指し、アシスタントスタッフとしてポンポさんの傍で働いています。

    映画大好きポンポさん 制作アシスタント ジーン

    自分に自信がなく、人並み外れた才能を持つポンポさんに対して「なぜ自分を傍に置いてくれているのだろうか」と思うジーン。しかしそんなジーンはある日、ポンポさん自らが手がけたという脚本を渡され、いきなりその作品の監督を務めるよう言い渡されます。

    ここから物語は転がるように展開。人気の若手女優や女優志望の少女、伝説の名優など、さまざまな人物を巻き込みながら、ジーンはその映画を作り上げていくことになります。

    映画を愛し、一つの作品を作るために全力で猛進する登場人物たち。『映画大好きポンポさん』には「ものをつくる」ということの狂気と快楽があふれており、彼らの圧倒的なエネルギーによって、読んでいる私たちも熱に浮かされているような高揚感を味わうことができます。

     

    各キャラクターの「好きな映画」解説、描き下ろし漫画「ポンポさんの映画の小部屋」も要チェック!

    また、作中でキャラクターの名前とともに紹介されている「好きな映画3本」については、単行本にそれぞれの解説コラムが収録されています。映画のジャンルや内容を知っていると物語をより楽しめますので、知らないタイトルがあった方はぜひ読んでみてください。

    さらに単行本では、Webに公開された本編に加え、「ポンポさんの映画の小部屋」という16ページの描き下ろし漫画も収録されています。「ポンポさんの映画の小部屋」は、ポンポさんがジーンらと好きな映画についてとことん語り合うという内容。こちらも必見です!

    映画好き・漫画好きはもちろん、ハマったらとことんなオタク気質の方や、クリエイターなら共感必至! 一気読みした後の心地よさがとにかく半端じゃないので、時間を気にせず最後まで読み切るのがおすすめです。

    ▶ジーンピクシブでは「映画大好きポンポさん」の集中連載が行なわれています!
    http://genepixiv.pr.pixiv.net/

    ▶杉谷庄吾【人間プラモ】pixiv個人ページ
    https://www.pixiv.net/member.php?id=3391846




    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る