• 『教団X』を超える衝撃作!?中村文則『R帝国』発売

    2017年08月19日
    楽しむ
    日販 仕入部 N.M
    Pocket

    2015年に放映された「アメトーーク!」読書芸人特集で絶賛された『教団X』。宗教団体をテーマに”神”とは、”生きる”とは、”性”とは何かをタブーなき描写で綴った本作は、“問題作”とも評され注目を集めました。

    8月21日(月)、その著者・中村文則さんによる新たな衝撃作『R帝国』が発売されます。

    R帝国
    著者:中村文則
    発売日:2017年08月
    発行所:中央公論新社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784120050008

     

    全体主義の恐怖! 痛烈なディストピア近未来SF

    『R帝国』は読売新聞での連載を一冊にまとめたものです。『教団X』を彷彿とさせる印象的なタイトルの本作。作中で描かれているのは、情報化が進行する一方で全体主義が蔓延した近未来のディストピアです。

    舞台は、近未来の架空の島国・R帝国。ある日、矢崎はR帝国が隣国と戦争を始めたことを知る。だが、何かがおかしい。国家を支配する絶対的な存在”党”と、謎の組織「L」。やがて世界は、思わぬ方向へと暴走していく――。世界の真実を炙り出す驚愕の物語。

    中央公論新社公式サイト『R帝国』より)

    IT革命以降、個人による情報発信の機会は飛躍的に増えましたが、表現・言論の自由は広がっていると言えるのか? そんな問題意識を抱える全ての人に、『R帝国』は大きなインパクトを与えるに違いありません。

    また、新聞連載時の挿絵が話題を呼んでいたイラストレーター・猫将軍さんは、単行本では表紙イラストを担当しています。カバーを外して広げると、一枚続きのイラストに。こちらも必見です。

    R帝国
    著者:中村文則
    発売日:2017年08月
    発行所:中央公論新社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784120050008




    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る