• ハリウッド版『Death Note/デスノート』に小畑健が描き下ろしイラスト

    2017年08月12日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    ハリウッド版『Death Note/デスノート』公開直前! 小畑健による描き下ろしイラストが公開

    大場つぐみさん(原作)と小畑健さん(漫画)による超人気コミック『デスノート』がハリウッドで実写映画化され、ついに2017年8月25日 (金) より世界最大級のオンライン配信サービス・Netflix(ネットフリックス)を通じて世界190ヵ国へ同時配信が開始されます。

    配信開始まであと約2週間と迫った8月10日に、原作コミック『デスノート』の作画担当・小畑健さんが描き下ろしたイラストが解禁されました。

    小畑健 ハリウッド デスノート

    今回のイラストは米サンディエゴで開催されたコミコンにて解禁されたもの。イラストには死神リュークの好物であるリンゴを片手に持った主人公ライト・ターナーと、その背後にデスノートを持って忍び寄る死神リュークが描かれ、「Don’t trust Ryurk. He is not your Pet. He is Not Your friend.(リュークを信じてはいけない。リュークは、ペットでも、ましてや友達ではない)」というメッセージが添えられています。

     

    大場つぐみさんと小畑健さんからのコメントも到着

    一足先にハリウッド実写版『Death Note/デスノート』を鑑賞した大場つぐみさんと小畑健さんより、熱の入ったコメントが届いております。

    大場つぐみさんのコメント
    想像以上に面白かったです。隅々までクオリティーが高くとてもオシャレなこれぞハリウッドDEATH NOTEです。個人的な一番の感想はラストが気になる!続きは!?作って!?いい意味で原作を踏襲した部分と変えた部分があるのでファンはもちろん、幅広い人々に楽しんでもらえる作品だと思います。

    小畑健さんのコメント
    アダム・ウィンガード監督の映像美とスリリングな演出が見事でA級スリラー映画となっています。キャラクターたちが皆欲望に忠実で、こういうデスノートも描いてみたかったと思いました。Netflixを通じて世界中で視聴できるとのことで、今までデスノートを知らなかった海外の人にも楽しんでもらいたいです。

    ***

    監督のアダム・ウィンガードさんは、映画「Death Note/デスノート」製作中のあらゆる段階において大場つぐみさんと小畑健さんに相談しており、原作と異なるところは多数あるものの、原作への敬意と愛に溢れる作品に仕上がっているようです。

    日本ではテレビアニメも実写映画も共に大成功をおさめた『デスノート』。原作者の2人が太鼓判を押すハリウッド版「デスノート」は、どのような仕上がりになっているでしょうか。8月25日の配信開始が楽しみです。

    Netflixオリジナル映画 『Death Note/デスノート』予告編

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る