辻仁成さんの読書日記:“食べることは生きること”を実感する3冊

2017年05月15日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 「新刊展望」担当
Pocket

5月2日(火)、辻仁成さんの小説『父 Mon Père(モンペール)』が発売されました。

『父 Mon Père』は、パリを舞台に、“小説家であるパパ”に育てられた主人公が過去と未来に向き合っていく、家族と愛をめぐる物語。ご自身もフランスで息子さんと暮らしている辻さんが、息子さんとの温かく愛のある“現在(いま)”をコツコツ煮込んで書き上げた「近未来の私小説」だといいます。

今回は『父 Mon Père』の執筆エピソードとともに、辻さんに、読書日記として3冊の本をご紹介いただきました。

息子さんへの「お弁当」をはじめ料理の腕前にも定評があり、“キッチンが自分の居場所”だという辻さん。手をかけた美味しい料理を、心身ともに味わいたくなること必至の読書日記です。

 

キッチンで読書

私の仕事場はキッチン横の食堂です。育ちざかりの息子の食事を一番に考えて生活をしておりますので、必然的にキッチンが自分の居場所となり、必然的に食堂が私の書斎にとってかわりました。

執筆に集中するあまり何度も煮物を焦がしてしまった苦い経験があります。これはいかん、と食堂に仕事場機能を移動させたところ、仕事と料理が両立できたのです。コトコト、と煮込む音を聞きながら小説に向かう。焦がすこともありませんね。

そうやって書きあがったのが新刊『父 Mon Père』です。

パリで暮らす35歳の主人公が、健忘症の70代の父と暮らす日々。つまりそれは私たち父子の20年後の世界でもあります。グーラッシュやジゴダニョーなど時間のかかる煮込み料理をしながら、その数時間の間にコツコツ升目を埋めてまいりました。未来の自分たちを描くことで、今がよくわかる作品に仕上がったと自負しております。

私は頑固で変わり者ですから、将来息子に厄介をかける可能性は十分にあります。申し訳ないな、という思いを抱きながら書かせてもらいました。20年後のパリも、20年後の世界も、20年後の私たちもどうなっているのかわかりませんが、この作品の中には、温かく、優しく、愛のある、若干幸福な、若干センチメントな今日が描かれています。これは煮込み小説といえるかもしれないですね。コツコツ煮込んで書き上げた近未来の私小説なのです。

父Mon Pere
著者:辻仁成
発売日:2017年05月
発行所:集英社
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784087711103

 

シングルファザーになってから買った本はほとんどが料理本

さて、私の読書は偏っています。シングルファザーになってから買った本はほとんどが料理本です。今日はその中から3冊をご紹介いたしましょう。

あなたのために いのちを支えるスープ』。スープが好きなので、スープにすべての栄養が宿っていると信じて疑わない私は息子が学校に行っている間、この本を参考にスープを拵えてきました。辰巳さんの食に対するこだわりと哲学を尊敬しております。自分も年を重ねたらこういうスープが作れる人間になりたいと思うのです。

人の生命のゆきつくところは
愛し愛され、一つになることを願い
それをあらわさずにはおられぬ仕組みを
生きるところにあると思います

人間の尊厳も自由も
互いに愛惜せねばならぬ根源も
ここに、見いだされてなりません

これは「スープに託す」という冒頭の一文からですが、まさにその通り。素晴らしい一筆ですね。

あなたのために
著者:辰巳芳子
発売日:2002年09月
発行所:文化出版局
価格:2,808円(税込)
ISBNコード:9784579208258

農家が教える発酵食の知恵』。これは「別冊 現代農業」が単行本化されたものです。世界に誇る日本の発酵文化について詳細に書かれた一冊。実によく出来ております。

私の書斎の書棚の一番下では毎年「フランス味噌」が出来上がります。今年もそろそろ作る時期なのですが、今年は塩麹にも挑戦します。味噌も塩麴も思ったほど難しくはないのです。自分で作った方が安心できますのでね、我が家は手作りです。

農家が教える発酵食の知恵
著者:農山漁村文化協会
発売日:2010年02月
発行所:農山漁村文化協会
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784540092947

決定版 ビストロレシピ』。日本を代表するフレンチのシェフさんらの共著でしょうか。柴田書店さんは本当に素晴らしいです。脱帽の出来栄えですね。写真を眺めているだけで唸ります。パリで暮らして15年の私を唸らせる日本人シェフたち。彼らの素晴らしい力業と編集者の丁寧さが冴える、心が満腹にさせられる一冊です。まるで絵画のような写真の数々、正直に申しますならばこれほど絵になる料理をパリで見たことがありません。フランス料理の奥ゆかしさ、歴史感、創造性、すべてがこれ一冊でわかります。

ビストロレシピ
著者:柴田書店
発売日:2009年09月
発行所:柴田書店
価格:3,240円(税込)
ISBNコード:9784388060610

食べることは生きることだと実感する、今日この頃の読書日記でした。


辻 仁成 Hitonari Tsuji
東京都生まれ。1989年『ピアニシモ』ですばる文学賞を受賞。1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』のフランス語翻訳版「Le Bouddha blanc」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。著書に『永遠者』『日付変更線(上・下)』『不屈』など多数。『50代のロッカーが毎朝せっせとお弁当作ってるってかっこ悪いことかもしれないけれど』『パリのムスコめし』など食に関する著作も好評。詩人・ミュージシャン・映画監督・演出家としても活躍。現在は活動拠点をフランスに置き、創作に取り組む。監督・原作の映画『TOKYOデシベル』が5月20日(土)から東京・ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国で公開される。

Tokyoデシベル
著者:辻仁成
発売日:2007年07月
発行所:文藝春秋
価格:929円(税込)
ISBNコード:9784167612047

日付変更線 上
著者:辻仁成
発売日:2015年07月
発行所:集英社
価格:1,836円(税込)
ISBNコード:9784087754261




common_banner_tenbo

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る