かっこいいとはこういうことだ!「渋イケメンの国」写真展が銀座で開催【4/19まで】

2017年04月14日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

無駄にかっこいい!? 「渋イケメン」とは何か

2016年12月に発表された「世界で最もハンサムな顔100人」。マイケル・ユイスマンやBIGBANGのテヤン、デビッド・ベッカム、赤西仁などさまざまな男性が選ばれました。

その多くは俳優やスポーツ選手、アーティストなど。しかし今回ご紹介する「渋イケメン」は、彼らとは異なる“渋さ”を増した、新しいイケメンのカテゴリーです。

初めて見た方は、おそらく目が釘付けになることでしょう。

「渋イケメン」がどのような人たちのことを指すのか、まずは写真をお見せします。

やだ、かっこいい……。

鋭い眼光と、トレーニングではなく長年の労働によってついた“本物”の筋肉。身なりや髪形も、手入れされた感じはなく実にワイルドです。そして、写真から汗の匂いがしてきそうな、生命力あふれるセクシーな雰囲気。

イケメンというと「塩顔」や「草食系」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、おそらく渋イケメンたちは、モテることなど全く意識していません。

彼らの“渋さ”は、ただ食べていくために働き、ありのままに生きてきたことから生まれているのです。




 

“渋イケメンだらけ“の異色の写真展が開催

この「渋イケメン」たちを撮影したのは、アジアの辺境をバイクで旅しながら「笑顔」と「働く人」をテーマに写真を撮り続けている写真家の三井昌志さん。

現在キヤノンギャラリー銀座では、三井さんによる写真展「渋イケメンの国」が、4月19日(水)まで開催されています。

2015年12月に刊行された写真集『渋イケメンの国~無駄にかっこいい男たち~』収録作品だけでなく、2017年の旅で撮影されたばかりの“最新渋イケメン”も多数展示されています。

見た目にこだわらず、モテを意識するわけでもなく、加齢も恐れずに、ただ「そこで生きている」だけでかっこいい渋イケメンたち。これは会場でじっくり見てみたいですね……。

なお写真展「渋イケメンの国」は、梅田、福岡への巡回も予定されています。

 

写真展「渋イケメンの国」詳細

日時:
2017年4月13日(木)~4月19日(水)10:30~18:30(最終日15:00まで)
※日曜休館
※巡回:梅田(5月11日~17日)/福岡(6月15日~27日)

場所:
キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区銀座3-9-7)

http://cweb.canon.jp/gallery/archive/mitsui-sibuike/index.html

渋イケメンの国
著者:三井昌志
発売日:2015年12月
発行所:雷鳥社
価格:1,728円(税込)
ISBNコード:9784844136910
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る