〈新学期〉いじめにあわない・させないために、親子で読みたいおすすめ本7選

2017年04月10日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 清水
Pocket

今年4月に小学校新1年生となった子どもは、100万人以上。子どもの成長は親にとって喜ばしいことですが、「周囲の子どもたちと仲良く学校生活を送れるだろうか」と心配している方も多いのではないでしょうか。

わが子がいじめられることも怖いですが、絶対にしてほしくないのが「いじめる側になること」。

そこで今回は「いじめについて考える」をテーマに、入学前~小学校低・中学年向けの本を7冊ご紹介します。

 

未就学児向け

いじめの入り口「なかまはずれ」を感じる

たったさんびきだけのいけ
著者:宇治勲
発売日:2007年04月
発行所:PHP研究所
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784569686806

同じ池に住む、亀と魚とおたまじゃくし。「亀は自由にひなたぼっこができていいなあ」と羨ましく思ったおたまじゃくしは、魚に「亀を仲間外れにしよう」と提案します。しかし時が経ち、おたまじゃくしには足が生え……。

たった3匹だけの池。このあと夏の日照りで池は干上がることになるのですが、さて、3匹はどうするのでしょうか?

「いじめ」の前に、子どもは「なかまはずれ」という言葉を覚えます。登場キャラクターが少なく親しみやすい絵で、幼い子どもにも「いじめ」がイメージしやすく、また人のために行動する心も育みます。

 

小学1年生向け

「後悔」を知る

ひとりひとりのやさしさ
著者:ジャクリーン・ウッドソン E.B.ルイス さくまゆみこ
発売日:2013年07月
発行所:BL出版
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784776406143

転校生のマヤは、服が変。お弁当が変。だからマヤが笑いかけてきても、こちらからは笑い返さない。無視するし、意地悪もする。皆もそうしているから……。

美しい色彩の絵本ですが、甘いハッピーエンドを求めていると裏切られます。償いの機会はいつでもあるという訳ではない。子どもに「取り返しがつかないことがある」と悟らせる、ほろ苦い一冊です。


1 2 3
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る