• 今週公開の映画「PとJK」「ひるなかの流星」「サクラダリセット 前篇」

    2017年03月24日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめてご紹介しています ◆◆◆

     

    3月24日公開「ひるなかの流星」

    やまもり三香さんの代表作が、永野芽郁さん×三浦翔平さん×白濱亜嵐さん出演で実写映画化! 監督は「僕の初恋をキミに捧ぐ」「潔く柔く」「四月は君の嘘」などを手掛けた新城毅彦さんです。

    〈あらすじ〉
    恋愛未経験の与謝野すずめが転校先の高校で出会ったのは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師の獅子尾。一見軽そうだが優しくて面倒見のよい獅子尾に、すずめは生まれて初めての恋をする。すずめのことが気になりながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。果たしてすずめの初恋の行方は…?

    映画「ひるなかの流星」公式サイトより)

    原作はこちら

    ひるなかの流星 1
    著者:やまもり三香
    発売日:2011年10月
    発行所:集英社
    価格:432円(税込)
    ISBNコード:9784088467085

    やまもり三香『ひるなかの流星』が実写映画化!2017年3月公開

     

    3月25日公開「サクラダリセット 前篇」

    “能力者”たちによる贖罪と祈りの青春SFミステリ「サクラダリセット」。監督は「神様のカルテ」「白夜行」などで知られる深川栄洋さんです。

    映画は前後篇で公開され、後篇は5月13日(土)公開。4月からはTVアニメの放送が始まります!

    〈あらすじ〉
    特殊な能力を持つ人々が半数を占める街“咲良田”。

    住人たちの力は、街の公的機関“管理局”によって慎重に監視・制御されている。
    浅井ケイは「記憶保持」の能力を持つ高校生。
    ケイと行動を共にする春埼美空は、世界を最大3日分巻き戻す=「リセット」の能力を持つ。
    「リセット」をすると、春埼自身の記憶もすべてを忘れてしまうが、ケイの「記憶」は決して「リセット」されないため、2人が一緒にいることで、世界を最大3日分やり直すことができる。
    しかし、そんなケイと春埼にも取り戻せない“過去”があった。
    それは、2年前に「リセット」の影響を受けて死んでしまった同級生、相麻菫のこと。
    ケイは、咲良田に存在する能力によって相麻をよみがえらせたいという思いを持ち続けていた。
    ある日、ケイたちが所属する“奉仕クラブ”=高校のボランティア活動の一環で、「写真に入る」能力を持ちながら、
    それを奪われてしまった佐々野からの依頼によって、管理局に幽閉されている「未来予知」能力のある“魔女”と出逢う。
    そんな中、管理局を敵視する「モノを消す」能力を持つ村瀬陽香とケイに複雑な感情を抱く「記憶を操作する」能力を持つ岡絵里が現れ、春埼の「リセット」を奪ってしまう。
    “魔女”を連れ出し、その「未来予知」能力を利用しようとする村瀬と岡は、「リセット」を返す条件に、“魔女の館の見取り図の再現”をケイに要求する。
    「リセット」を失くした春埼は、ケイが自分を必要としなくなるのでは…、と不安になる。
    何の関連もないと思われたそれらの出来事から、相麻の再生の可能性に気付いたケイは、春埼や「声を届ける」能力を持つ親友・中野智樹らと共に、“管理局”相手に禁断のアプローチを開始する。
    かくして、相麻はよみがえったかのようにみえた……
    だが、ケイたちは驚くべき真実に遭遇する。

    「私には、死ななければならない理由があったの。すべて必要なことなの。」

    “相麻菫の再生”こそが、すべての“始まり”だったのだ―。

    映画「サクラダリセット」公式サイトより)

    原作はこちら・コミカライズも発売中

    猫と幽霊と日曜日の革命
    著者:河野裕
    発売日:2016年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784041041888
    サクラダリセット
    著者:河野裕
    発売日:2009年06月
    発行所:角川書店
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784044743017

    アニメ「サクラダリセット」石川界人・花澤香菜・悠木碧・川面監督が先行上映会に登壇
    『サクラダリセット』の河野裕が初めてエンタメを目指した最新作『最良の嘘の最後のひと言』

     

    3月25日公開「PとJK」

    原作は、累計310万部突破の人気少女漫画。ピュアでまっすぐな女子高生・カコを土屋太鳳さん、真面目な警察官・功太を亀梨和也さんが演じます。

    〈あらすじ〉
    女子高生(JK)で恋愛初心者のカコは、ある日、警察官(Police)の功太と出会う。
    カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋愛がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う…。
    功太は職務上、女子高生と軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!
    突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。
    楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。
    しかし、警察官と女子高生という立場の違いから、気持ちのすれ違いも出てきてしまう…。そんな中、2人を巻き込む大事件が発生!
    果たしてふたりは、困難を乗り越え、本当の幸せを掴むことができるのか?

    映画「PとJK」公式サイトより)

    原作はこちら

    PとJK 1
    著者:三次マキ
    発売日:2013年04月
    発行所:講談社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784063418545




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る