• 原作コミックはこれを読め!「赤髪の白雪姫」2015年夏アニメ 期待度ランキングベスト5【Part5】

    2015年07月07日
    楽しむ
    芝原 克也(日販 販売企画G)
    Pocket

    2015年夏アニメの期待度ランキングベスト5、第1回は「監獄学園」(講談社)、第2回は「GANGSTA.」(新潮社)、第3回は「青春×機関銃」(スクウェア・エニックス)、第4回は「干物妹!うまるちゃん」(集英社)を紹介してきましたが、最後の第5回は王道の少女漫画「赤髪の白雪姫」(白泉社)をご紹介します。

    》バックナンバーはこちらから

    コミックス紹介

    赤髪の白雪姫 1
    著者:あきづき空太
    発売日:2007年12月
    発行所:白泉社
    価格:463円(税込)
    ISBNコード:9784592183730

    「赤髪の白雪姫」は「あかがみのしらゆきひめ」と読みます。
    著者はあきづき空太(そらた)さん。「LaLa」(白泉社)にて連載中で、単行本は現在第14巻まで刊行しております。

    「赤髪の白雪姫」の主人公は、珍しい赤い髪を持つ少女・白雪(しらゆき)。その珍しい髪色を悪名高いラジ王子に気に入られ妾として呼び出されたが、困った白雪は国を出ることに。たどり着いた森で隣国クラリネスのゼン王子に助けられて、宮廷薬剤師として働き始める……という王宮ファンタジー漫画です。

     

    単行本「赤髪の白雪姫」の読者の特徴は?

    (日販 WIN+調べ)

    (日販 WIN+調べ)

    現在の「赤髪の白雪姫」の読者は圧倒的に女性が多く、10代後半から20代の女性が多いです。

    「赤髪の白雪姫」のコミックス単行本を購入した方が他にどのようなコミックスを買っているか調べてみると、「暁のヨナ」「狼陛下の花嫁」(白泉社)などの少女漫画の他に、「マギ」(小学館)などが見られます。王宮モノで、意思の強そうな女性が出ている作品が多い気がします。共通して赤髪の女性キャラが出ているのはただの偶然でしょうか(笑)。

     

    アニメ紹介

    「赤髪の白雪姫」のアニメーション制作はボンズが担当。過去には「鋼の錬金術師」「交響詩篇エウレカセブン」「桜蘭高校ホスト部」を手掛けております。春クールの「血界戦線」もボンズの制作です。アニメは7月よりTOKYO MX、読売テレビ、テレビ愛知ほかにて放送がスタートします。メインキャストは早見沙織さん、逢坂良太さんらが担当します。

    TVアニメ「赤髪の白雪姫」公式サイト
    http://clarines-kingdom.com/

    「赤髪の白雪姫」の魅力はそのキャラクター。自ら運命を切り開こうとする芯の通ったヒロイン・白雪は、凛とした強さと優しさを持ち合わせていて、応援したくなるキャラクターです。そしてゼン王子を始めとする王宮の男性メンバーたちは、皆イケメンかつ個性的で、きっと女性はお気に入りのキャラが見つかることでしょう。
    美しく丁寧な絵柄も魅力の一つ。ヨーロッパ風の街並みや服装、小物がとても綺麗に描かれています。絵柄も物語もキャラクターも、全体的にすっきりとした爽やかな印象なので、普段少女漫画を読まない男性も入りやすい世界観だと思います。

    皆さん、「赤髪の白雪姫」に興味を持っていただけたでしょうか?
    本当は「原作コミックはこれを読め!」は5回で終わりにする予定でした。ただ、まだまだ紹介したい夏アニメの原作コミックがたくさんあります。なので、6回目で特に気になる注目コミックをいくつか一気に紹介したいと思います。お楽しみに!

     


    「夏アニメ期待度ランキングベスト5」バックナンバー
    【part 1】「監獄学園」(平本アキラ/講談社)
    【part 2】「GANGSTA.」(コースケ/新潮社)
    【part 3】「青春×機関銃」(NAOE/スクウェア・エニックス)
    【part 4】「干物妹!うまるちゃん」(サンカクヘッド/集英社)

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る