大人気ジャズ漫画『BLUE GIANT』完結第10集&続編『BLUE GIANT SUPREME』第1集が同時発売!描き下ろしカード配布も

2017年03月10日
楽しむ
日販 販売企画部 なーちゃん
Pocket

『BLUE GIANT』完結第10集発売!

仙台に暮らす男子高校生が、ある日聴いたジャズに魅せられて「世界一のサップスプレイヤー」という目標を抱き、右も左も分からないままがむしゃらに練習を始める――。

「マンガ大賞2016」で第3位を獲得、今年の「小学館漫画賞」一般向け部門を受賞するなど、高い評価を得ている石塚真一さんの漫画『BLUE GIANT』。

主人公の宮本大は高校卒業後に上京、同じようにプロのミュージシャンを志す人々や、音楽関係者などに出会いながら成長してきました。

そして3月10日(金)、その完結巻となる第10集が発売されます。

しかし宮本大は、まだ「世界一のサックスプレイヤー」にはなっていません。

BLUE GIANT 10
著者:石塚真一
発売日:2017年03月
発行所:小学館
価格:620円(税込)
ISBNコード:9784091894601

 

物語は新章“海外編”に突入!

「え!? 夢を叶えないまま完結しちゃうの?」と驚いた皆さま、ご安心ください!

大は日本を飛び出し、単身ドイツへ。本編完結後にスタートした新章では、大が一人で“世界のジャズ”に挑みます。

新章のタイトルは『BLUE GIANT SUPREME』。2016年9月より「ビッグコミック」(小学館)で連載をスタートし、なんと『BLUE GIANT』第10集と同日に、単行本第1巻が発売されます。

〈あらすじ〉
「世界一のジャズプレイヤーになる」仙台で独りサックスを吹き始めた大は、高校卒業と同時に上京。そして仲間を得てテナーサックス、ピアノ、ドラムのトリオ「JASS」を結成する。互いに切磋琢磨しながら必死に演奏し、反響も日に日に大きくなっていったが、ある出来事をきっかけに「JASS」は解散、大は単身ドイツへ―――――日本から世界へと舞台は移り、大の音はさらに大きく力強くなっていく。

小学館公式サイト『BLUE GIANT SUPREME』より)

BLUE GIANT SUPREME 1
著者:石塚真一
発売日:2017年03月
発行所:小学館
価格:620円(税込)
ISBNコード:9784091894670

 

お洒落じゃないけどそこがいい! 『BLUE GIANT』の魅力

『BLUE GIANT』の魅力は、なんといっても主人公・宮本大のジャズにかける情熱です! 「ジャズ=お洒落」と思っている人は、おそらく本作の汗臭さと泥臭さに驚くことでしょう。

「世界一のサックスプレイヤーになる」。これは大が本作でずっと語り続けている夢です。

一度決めたらまっすぐに進む大のひたむきさに、胸を打たれる方は多いと思います。

また演奏中の姿もかなりエネルギッシュ。勢いはあるわ汗は噴き出すわで、スポーツ漫画かと思うくらい躍動感に溢れています。漫画なので音は聴こえませんが、彼らの楽器が震わせているであろう“空気”と、「自分たちの音楽を届けたい」という強い思いが伝わってくる作品です。

「ジャズってこんなに熱い音楽だったんだ」「こんなに生きている音楽だったんだ」

『BLUE GIANT』には、ジャズをまったく知らない人の心を「聴いてみたい」という方へ向かわせる熱量があるのです。

 

『BLUE GIANT SUPREME』第1集発売記念! 描き下ろしイラストカード配布中

『BLUE GIANT SUPREME』第1集の発売を記念して、著者・石塚真一さんによる描き下ろしイラストカードが、一部の書店で配布されています(なくなり次第終了)。

サックスを吹く大の力強い姿がカラーで描かれたイラストカード。ぜひお近くの書店で、探してみてください。

読めば必ず胸が熱くなる、青春ジャズ漫画『BLUE GIANT』。今回初めて作品を知った方は、ぜひ下記リンクから試し読みしてみてくださいね。

試し読みはこちら

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る