メルヘン・メドヘン 表紙

文学少女は魔法少女になれるか?故・松智洋原案『メルヘン・メドヘン』【特別試し読みあり】

2017年03月14日
楽しむ
日販 仕入部 SxGxMxT
Pocket

故・松智洋さんの遺志を受け継ぐ完全新作が登場!

『迷い猫オーバーラン!』『パパのいうことを聞きなさい!』などの大ヒットシリーズを世に送り出しながら、2016年5月に43歳の若さで亡くなった、人気ライトノベル作家の松智洋さん。松さんの作品は「パパ聞き」の後日談を描いた『パパのいうことを聞きなさい! after1』を最後に、しばらく刊行されていませんでした。

しかしこの度、松さんの遺した原案・プロットをもとにした完全新作が、集英社ダッシュエックス文庫より発売されました。

その作品のタイトルは、『メルヘン・メドヘン』

日本の学園を舞台にした魔法少女もので、変身要素あり、バトル要素あり、さらには百合要素やお色気要素もちょっぴり加わった、刺激的な作品です。

 

松智洋さん創設の「StoryWorks」が制作! イラストは「変猫」のカントクさん

『メルヘン・メドヘン』は、松さんが2003年に立ち上げた創作集団「StoryWorks」が制作を手掛け、待望の刊行に至りました。

イラストは、『変態王子と笑わない猫』や『妹さえいればいい』でお馴染みの人気絵師・カントクさんです。

練りに練られた設定と魅力的なキャラクターたちが織りなす「胸アツ展開」満載のストーリーで、いま最も注目されているライトノベルの一つとなっています。

 

物語の主役は、童話の〈原書〉に選ばれた魔法少女たち

それではこの『メルヘン・メドヘン』は、どんなお話なのでしょうか?

主人公は「物語」をこよなく愛す女子高生・鍵村葉月(かぎむらはづき)。しかし妄想過多ゆえに学校生活では“ぼっち”、家族関係もうまくいっていません。

『メルヘン・メドヘン』は、ある日の放課後、読書のためにファストフード店を訪れた葉月が、魔法少女の土御門静(つちみかどしずか)に出会い、図書館の書架から不思議な学園へ迷い込むところから始まります。

▼ 平凡でちょっと冴えない主人公が、ひょんなことから非日常の世界へ……!

そこは、世界の童話の〈原書〉に選ばれた者が固有魔法を駆使して〈原書使い〉を目指す、「原書使い見習い(=メドヘン)」たちの通う学園。静は『かぐや姫』に選ばれた魔法少女であり、他にも『一寸法師』『西遊記』『魔弾の射手』といったさまざまな〈原書〉と、それに選ばれた〈メドヘン〉たちが登場します。

葉月を選んだのは、『シンデレラ』の原書。一体どんな固有魔法が与えられたのでしょうか?

各キャラクターに〈原書〉が割り当てられ、それぞれが固有能力をもつ――。異能力バトルものが好きな方にはたまらない設定です。

1 2
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る