• MonoMax

    MonoMax的「反響が出る誌面の作り方」 文・「MonoMax」編集長 柚木昌久

    2017年03月06日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    30~40代の男性向けのモノ情報誌である「MonoMax」の編集長に就任してもう7年が経ちました。我々の誌面において、どんなことをしたときに反響が出るのか、そしてどんなことを心がけているか時系列で書いてみようと思います。

    ①決めてあげる誌面

    2009年、編集長就任3号目で立ち上げた企画が「カバン・オブ・ザ・イヤー」でした。デジタル製品は評価サイトが数多くありましたが、カバンをはじめアパレル小物を評価する雑誌やWEBが当時存在しておらず、そこに目をつけました。審査員にはカバン職人、生地職人など、その筋のプロを迎え、徹底的にカバンを審査して大賞を決めたのです。

    おかげさまで好評を博し、当時数千部しか売れていなかった雑誌が実売で1万部を超えることになりました(苦笑)。30~40代は働き盛りでとにかく忙しい。なので、自分で「決める」時間をなかなか捻出できないのではと思います。であれば、我々の雑誌が決断の後押しになればと思い実施に至ったわけです。いまWEBの情報が玉石混交になっているので、以前以上に価値が増しているように感じています。

    ②シーンを作る誌面

    2011年、リーマンショック以降、断捨離ブームが起き、モノを所有することが「悪」のように感じられる時代が訪れました。この変化はすさまじく、「モノが売れない」とメーカーやブランドが苦しんでいたのを覚えています。

    この頃に実施していまも継続しているのが「シーンを作る誌面」です。カタログ的な誌面であればインターネットで十分。そこで本誌では、お財布であればカードを詰める、スーツケースには荷物を入れるなど、実際の使用シーンや使った感想を誌面で表現することで、読者が購入後をリアルに思い描くことができるようになり、反響が爆発的に増えました。消費をしない傾向はありましたが、目的を叶えるモノであれば買いたい。シーン作りはこれに欠かせない要素でした。

    この取り組みが好評で2011年には実売が10万部まで上昇し、モノ雑誌売上No.1となることができました。

    ③なぜを詳しく教える

    2014年、景気の悪さはいったん落ち着いたものの、購入を前に吟味する姿勢は変わらないままでした。この頃からより強化したのが「なぜ」を伝える誌面です。「売れてる理由は何か」「価格が安いのはなぜか」など、スペースの許す限り「なぜ」を誌面で表現するようになりました。

    これを強化したのは、事前知識が購入の動機になる時代になったからです。食事に行く際に「A5ランクのお肉の店」「食べログ3.5点以上の店」など、実際にお店に行く前にすでに「頭で食べている」方が増加しました。これと同様にモノを購入する前の吟味に磨きがかかっていると考えました。逆に、興味がないモノでも「なぜ」を提示することで、納得して購買意欲が新たに生まれる、そんな流れを作ることができました。ここに力を入れることで、モノ雑誌売上No.1を継続し、2016年には実売部数を15万部超まで上昇させることができました。

    僕たちのようなモノ全般を扱う雑誌はとにかく世の空気を読まないとなかなか成立しません。そして、2017年は誌面作りが難しくなりそうです。モノ消費からコト消費に変化したのがさらに発展し、夫婦や家族でシェアをする「シェア消費」、自分より人に消費する「誰かのために消費」、自分を充足させるための「エモ消費」など、コト消費はより細分化しています。

    こんな時代に我々は何をしていくのかというと、実は至ってシンプルで「おもしろいこと」をする。これのみです。時代は巡り巡ってオリジナリティや正直なことこそが大切な時代に突入しました。我々は自分たちがおもしろいと思うことを信じて、売上をさらに伸ばしていこうと考えています。2017年の「MonoMax」にもぜひご期待いただきたいです。


    宝島社「MonoMax」編集長
    柚木昌久―YUZUKI Masahisa
    1975年生まれ。1999年、宝島社入社。「宝島」「smart」編集部を経て、2009年「MonoMax」編集長へ就任。2011年年から5年連続モノ雑誌販売部数No.1へ急成長させる。「オールアバウト」メンズファッション公式ガイドも務める。


    「MonoMax」
    男性モノ雑誌売上部数第1位。ファッションやデジモノ、家電、クルマ、雑貨、インテリア、ステーショナリーなど、プロダクトの情報を紹介。3月号(2月10日発売)特別付録はナノ・ユニバースの本革長財布! 特集は「衣食住の傑作ランキング!!」「腕時計大賞!!」。

    Mono Max (モノ・マックス) 2017年 03月号
    著者:
    発売日:2017年02月10日
    発行所:宝島社
    価格:890円(税込)
    JANコード:4910187490371

    (「日販通信」2017年3月号「編集長雑記」より転載)

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る