久坂部羊さんの読書日記:大学教授の畏友・親友・悪友から勧められた3冊

2017年03月07日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 「新刊展望」担当
Pocket

現役医師作家・久坂部羊さんの長編小説『悪医』(第3回日本医療小説大賞受賞作)が、このほど文庫になりました。

今回は、『悪医』単行本刊行時(2013年11月)に久坂部羊さんからお寄せいただいたエッセイを再掲載します。さすがは医師作家!な読書日記です。

悪医
著者:久坂部羊
発売日:2017年03月
発行所:朝日新聞出版
価格:734円(税込)
ISBNコード:9784022648426

わずかな希望にすがりつき、治療を求める末期がん患者と、効果のない治療で患者を苦しめたくないと悩む若き外科医。現役の医師でもある著者が「悪い医者とは?」をテーマに真摯に取り組み、第3回日本医療小説大賞を受賞した感動の医療長編。

▼日本医療小説大賞受賞時の記念写真。お祝いにお友だちからもらったという、3Dプリンターで作られた久坂部羊フィギュアとともに。

 

教授のオススメ  文・久坂部羊

〈某月某日〉

現代は2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬ時代と言われる。それはほかの病気で死ぬ人が減ったということでもあるが、がんは現代医療にとって最大の敵のようだ。

『病の皇帝「がん」に挑む 人類4000年の苦闘』(シッダールタ・ムカジー著/早川書房)によると、がんは古代エジプト時代からその存在を知られ、膨大な研究が積み重ねられてきたにもかかわらず、いまだに本態は解明されていないという。

病の皇帝「がん」に挑む 上
著者:シッダールタ・ムカジー 田中文
発売日:2013年08月
発行所:早川書房
価格:2,268円(税込)
ISBNコード:9784152093950
病の皇帝「がん」に挑む 下
著者:シッダールタ・ムカジー 田中文
発売日:2013年08月
発行所:早川書房
価格:2,268円(税込)
ISBNコード:9784152093967

がんは正常細胞の増殖機能を悪用し、増殖制御システムを破壊し、古い細胞を死滅させるアポトーシス(細胞死)作用を凍結させることで、不滅の命を得る。新しい血管を作って栄養を確保し、抗がん剤を細胞外に排出し、隠れ家に入って自らを防衛する。正常細胞よりはるかにしたたかに見えるが、唯一の弱点は、増殖しすぎると宿主が死に、自らも生きられないことだ。

すなわち、がんを死滅させるもっとも確実な方法は、宿主の死ということになるが、そういうイヤな事実はなかなか世間に伝わらない。だから、患者はあらぬ希望にすがり、苦しむ。医者もほんとうのことが言えずに、悩む。拙作『悪医』は、そういう矛盾と苦悩をテーマにしたジレンマ小説です。

前出の本を勧めてくれたのは、大阪大学医学部の仲野徹教授。彼は私の大学の同級生で、最近、書評やエッセイに活躍の場を広げ、本書の解説にも健筆をふるっている。

 

〈或月或日〉

久しぶりに夢中になれる本に遭遇。行動経済学の名著、『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』(ダニエル・カーネマン著/早川書房)だ。勧めてくれたのは大阪大学経済学部の大竹文雄教授。

ファスト&スロー 上
著者:ダニエル・カーネマン 村井章子
発売日:2014年06月
発行所:早川書房
価格:907円(税込)
ISBNコード:9784150504106
ファスト&スロー 下
著者:ダニエル・カーネマン 村井章子
発売日:2014年06月
発行所:早川書房
価格:907円(税込)
ISBNコード:9784150504113

この本は人間がいかに直感に頼り、状況に左右されやすいかを解き明かしている。たとえば「この手術は成功率95%です」と言えば、たいていの人が安心するが、「20人に1人死にます」と言うとみんな不安になる。あるいは、鳥インフルエンザの死亡者は人口の0.00001%と報じてもニュースにならないが、「10人死亡」と書けばみんな恐れる、というようなことだ。

行動経済学は小説を書くのにも役立ちそうだ。読者は「見たものがすべて」の法則に従い、「プライミング効果(先のものに後のものが影響されること)」を受け、「もっともらしさの錯誤」に陥ることなどを踏まえれば、あっと驚くドンデン返しが書けるのでは?(じゃあ書いてみろと言われると困るが)

 

〈吉月吉日〉

大阪大学文学部の金水敏教授は、「役割語」の発見者として知られる。役割語とは、聞いただけで性別や年齢などがわかる言葉遣いのことで、たとえば、「わしは~じゃ」と言えば老人、「ごめん遊ばせ」と言えばお嬢様、「~アルヨ」と言えば中国人という具合だ。

おもしろいのは、実際の老人もお嬢様も中国人も、そんな話し方はしないのに“わかる”というところだ。

『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』(金水敏著/岩波書店)には、役割語の起源、実例、バリエーションが一般向けにわかりやすく解説されている。役割語でなぜ“わかる”かというと、我々の判断基準にやはり偏見や思い込みが組み込まれているからだろう。

ヴァーチャル日本語役割語の謎
著者:金水敏
発売日:2003年01月
発行所:岩波書店
価格:1,944円(税込)
ISBNコード:9784000068277

小説を書く上でも、役割語的な発想は役に立つ。ある短編を書いているとき、主人公がどうもしっくり来なかったが、一人称を「俺」にして、「です・ます調」で書いたら、やさぐれているけれど気の弱いキャラがすっと立った。これも日本語の小説ならではだろう。たいていの外国語には一人称は一つなのだから。

*    *    *

以上、大学教授の畏友・親友・悪友オススメの3冊。但し、だれが×友かは申せませんが。


久坂部 羊 Yo Kusakabe
1955年大阪府生まれ。医師、作家。大阪大学医学部卒。20代で同人誌「VIKING」に参加。外務省の医務官として9年間海外で勤務した後、高齢者を対象とした在宅訪問診療に従事している。2003年『廃用身』で作家デビュー。第2作『破裂』が「平成版『白い巨塔』」と絶賛され、10万部を超えるベストセラーとなる。2014年『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。近著に『テロリストの処方』『老乱』『反社会品』『虚栄』などがある。

 

あわせて読みたい

『破裂』『無痛』の著者・久坂部羊さん最新作『虚栄』は、がん治療の最先端を描く医療サスペンス!


(「新刊展望」2014年1月号「読書日記」より) 

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る