阿倍仲麻呂“遣唐”1300年記念プロジェクト 『天の原 ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂』原画・パネル展【3/2~・東京】

2017年02月27日
楽しむ
出版ワークス編集部
Pocket

阿倍仲麻呂が唐に派遣されて1300年の今年。

漫画家・絵本作家のすずき大和さんによる絵本『天の原 ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂』の原画・パネル展が、3月2日(木)より、奈良まほろば館にて開催されます。

天の原ふりさけみれば
著者:すずき大和
発売日:2016年09月
発行所:出版ワークス
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784309920979

「奥の細道」の全行程を現地取材した『まんが紀行 奥の細道』で、日本漫画家協会賞特別賞を受賞したすずき大和さん。本作『天の原ふりさけみれば』は、「天の原ふりさけみれば」の歌にこめられた夢や、阿倍仲麻呂の生涯をやさしく伝える伝記絵本です。

今回の原画・パネル展では、表紙原画と本文イラストのパネル展示や、若き阿倍仲麻呂が遣唐使として出立するまでの人間模様を描いた「三笠の山にいでし月かも」の放映など、遣唐使に関するわかりやすい資料・解説が多数展示されます。

すずきさんの情感豊かなイラストとともに、1300年前の日中友好の歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 

イベント詳細

「阿倍仲麻呂“遣唐”1300年記念プロジェクト原画・パネル展

日時:
2017年3月2日(木)~3月14日(火)

会場:
奈良まほろば館 1階(東京都中央区日本橋室町1-6-2 日本橋室町162ビル)【MAP
TEL03-3516-3931 / FAX03-3516-3932
※営業時間 10:30~19:00

お問い合わせ:
03-3516-3931(奈良まほろば館)

すずき大和
福島県生まれ。NHK 「ものしり博士」「ひょっこりひょうたん島」等のイラストを手がけ、共同通信の世相漫画でも活躍。「哀MY展覧会」で文藝春秋漫画賞、『まんが紀行 奥の細道』で日本漫画家協会賞特別賞受賞。作品に『まんが松尾芭蕉の更科紀行』(さらしな堂発行・河出書房新社発売)『ばしょうさんとおばすて山の月』(しなのき書房)『絵本いっきゅうさん』(チャイルド本社)他多数。

詳しくはこちら:
http://www.mahoroba-kan.jp/event.html#1019

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る