• 『サクラダリセット』の河野裕が初めてエンタメを目指した最新作『最良の嘘の最後のひと言』

    2017年02月27日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 「新刊展望」担当
    Pocket

    『いなくなれ、群青』に始まる「階段島」シリーズや、3月に実写映画化、4月からはTVアニメが放送される『サクラダリセット』など、切なくも温かな青春ミステリで人気の作家・河野裕さん。

    2月28日(火)発売の最新作『最良の嘘の最後のひと言』は、(自称)超能力者の7名が、大金がかかった世界的大企業の採用通知書を争い、騙し合いに挑むノンステップミステリ。「普段とは違う意識で書いた」という本作について、河野さんにエッセイを寄せていただきました。

    最良の嘘の最後のひと言
    著者:河野裕
    発売日:2017年02月
    発行所:東京創元社
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784488468118

     

    できるだけ大勢にとって面白い小説を目指して

    検索エンジンとSNSで世界的な大成功を収めたハルウィンという企業には、超能力者を研究しているとの噂があった。ハルウィンはその噂に乗ったジョーク企画として、エイプリルフールに年収8000万円で超能力者をひとりだけ雇うという告知を出す。

    そして書類選考と面接をクリアした(自称)超能力者の7名が、ある地方都市で行われる最終試験に挑むことになる。

    その最終試験のおよそ6時間が、本作『最良の嘘の最後のひと言』の物語になる。

    だいたい全員がなんらかの嘘をついていて、たいてい誰かに騙されている。試験を勝ち残るのは、いちばん優秀な嘘つきは誰だ? そんな内容になっているはずだ。

    私が書く小説は、娯楽小説ではあるけれど、エンターテインメント小説ではないのだと思っている。誰かに楽しんで欲しくて小説を書いているけれど、誰もが楽しめるようなものを書く方法はさっぱりわからない、という意味だ。

    万人受けなんてものは会議室に賢い人たちが集まって築き上げていくもので、私がデスクに向かって好き勝手に書く物語は、世の中のほんの一部の、たまたま私に似た好みを持つ少数の人たちに届けるのが精いっぱいだろう。別に悲観的なわけではなくて、そんな風な生活を続けられたなら幸せだし、私が憧れる小説家の仕事内容に一致する。

    一方『最良の嘘の最後のひと言』は、初めて「エンターテインメント小説を書くこと」を目指した小説だ。

    結果はわからないけれど、ともかく私の頭の中にあるものから「多くの人に楽しんでもらえるであろう要素」を丁寧に探し出し、一本の物語にまとめたらこの小説になった。

    上に書いたあらすじを読んで「エンターテインメントっぽいな」と思っていただけたなら成功なのだが、いかがだろう?

    ではどうして、エンタメは書けないと思っていながらエンタメを書こうとしたのか?

    理由は簡単で、私はできないことを目標にするのが悪だとは思っていないからだ。テストではとりあえず100点を目指しておけばいい。もし結果が70点でも、「70パーセント達成した」ことに満足しておけばいい。

    というか本当に達成できる目標を立ててしまうと、達成した後でまた次の目標を用意しないといけないから面倒だ。究極的には、人生をかけてぎりぎり達成できないくらいの目標を設定しておくのが、私にとっては心地いい。

    そんなわけで今回は、もちろん達成できないとわかっていながら、読んでいただいた全員に面白いと感じてもらえる小説を書くことを目指した。こういう目的で小説を書くのは初めてのことだ。普段は「世界でいちばん私に似た感性の人に、隅から隅まで面白いと言ってもらえる小説を書くこと」を目標にしている。

    普段とは違う意識で書いたので、普段とは少し違う作風になったように思う。

    実際のところ、何割の人に面白いと言っていただけるのかはわからないけれど、これまで私が書いた小説より少しでもその割合が高まっていれば嬉しい。

     
    河野 裕 Yutaka Kono
    徳島県出身。グループSNE所属。2009年に『サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY』でデビュー。『いなくなれ、群青』で、2015大学読書人大賞を受賞。他著作に、『ベイビー、グッドモーニング』、「つれづれ、北野坂探偵舎」シリーズ、『いなくなれ、群青』を含む、「階段島」シリーズなどがある。

    ▼『最良の嘘の最後のひと言』特設サイト
    http://www.tsogen.co.jp/saiuso/

    ▼『サクラダリセット』特設サイト(KADOKAWA)
    shoten.kadokawa.co.jp/bunko/character-novels/sp/sagradareset/

    ▼「階段島」シリーズ特集サイト(新潮文庫nex)
    shinchobunko-nex.jp/special/001.html


    common_banner_tenbo

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る