アニメ「けものフレンズ」が異常な人気!ブームはなぜ起きた?漫画版の内容は?BDはいつ発売?

2017年02月15日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

異常な人気ぶり! アニメ「けものフレンズ」が話題

「すごーい!」
「たーのしー!」
「君は○○なフレンズなんだね!」

最近こんなセリフをネット等でよく見かけませんか?

これは、1月から放送されているアニメ「けものフレンズ」の台詞がもとになっています。実は今、「けものフレンズ」の人気が異常なほど加熱しており、冒頭のような(脳が溶けたかのような)セリフをアレンジして繰り出す人が続出しているのです。

一方で、物語では描かれていない部分について考えをめぐらせ、まとめる「考察班」と呼ばれる人たちも現れています。



 

どれくらいブレイクしているのか「幼女戦記」と比べてみた

その人気ぶりがはっきり表れているのが、検索数です。

「けものフレンズ」と同じ2017年冬クールでブレイクしているアニメ、「幼女戦記」の検索ボリュームと比較してみました。

「幼女戦記」の検索数は、放送日ごとに跳ね上がりながら、次第にベースラインが上がっていっています。

それに対して「けものフレンズ」は、第1話が放送された1月10日(火)のタイミングで少し跳ねた後、這うような形で推移。そして第4話が放送された1月31日(火)あたりから増え始め、2月6日(火)から一気に急上昇! その後「幼女戦記」に3倍以上も差をつけています。

このパンデミックともいえそうな「けものフレンズ」ブームは、なぜ起きたのでしょうか?

Googleトレンドを使ったブレイク作品の分析記事はこちら
『NEW GAME!』の売上と「がんばるぞい」の相関を調べてみた
『ポプテピピック』という漫画がなぜかずっと売れ続けている件

 

「けものフレンズ」は、アニメ放送前はあまり注目されていなかった

「けものフレンズ」は、野生動物が少女に擬人化された「アニマルガール」たちと、彼女らの集まる動物園「ジャパリパーク」を描いた作品です。

アニメ放送に先立ち、2015年3月にはスマートフォン用ゲームアプリがリリース。そして同年、KADOKAWA「月刊少年エース」7月号より漫画版の連載が開始され、グッズも展開されています。

キャラクターのコンセプトデザインには、「ケロロ軍曹」を手掛けた吉崎観音さんを起用。ゲーム・漫画・アニメ全ての作品は、吉崎観音さんによるコンセプトデザインがベースになっています。

しかし当時は、残念ながら人気はあまり芳しくなかったらしく、アプリ版「けものフレンズ」はアニメ開始を待たず、2016年12月に運営終了しています。

そして漫画版も、2017年1月26日(木)に発売された「月刊少年エース」3月号で連載が終了。

これらのことから、やはりアニメ放送前から注目が集まっていたわけではないということが分かります。

1 2 3
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る