• 「絵」と「歌詞」のコラボレーション!新しい世界が新しい出会いを生み出す『絵師×歌詞』

    2015年06月30日
    楽しむ
    フォーリー(Honya Club.com)
    Pocket

    「音楽は“音”があって初めて成り立つものである」というのは、わざわざ言うまでもなく、当たり前に当たり前すぎることです。ですが、一部の音楽については「音」から切り離しても芸術として存在できるものがあります。

    ……と言うと意味深長になってしまいますが、要は「“歌詞”のある音楽は、メロディと切り離して“歌詞”だけを抜き出しても、芸術としての存在を許されうるのではないか」ということです。

    そんな音楽から切り出された「歌詞」(これだけでも十分大胆ですが)に「絵」をつけて新しい世界を構築しようと試みたのが、こちらの『絵師×歌詞 雨編』です!

    絵師×歌詞 雨編
    発売日:2015年05月
    発行所:サイドランチ
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784990256661

    雨にまつわる48曲(+シークレットトラックもあり)に、書籍やゲームなどで幅広く活躍する「絵師」と呼ばれる人気イラストレーター51人が独自のイメージでイラストを書き起こす。見開きで広がる「歌詞」と「絵」の世界にはきっと新しい発見があるはずです。

    宇多田ヒカル「SAKURAドロップス」やフジファブリック「虹」、坂本真綾「雨が降る」、家入レオ「Silly」、椎名林檎「闇に降る雨」、スピッツ「あじさい通り」などなど、雨にまつわる名曲が目白押し。知っているあの曲の新しい解釈を見つけるもよし、知らない曲にイラストを通じて出会うもよし。この本を読んだ後には、きっと聴きたい曲が見つかっているはずです!

    憂鬱な雨の日は『絵師×歌詞 雨編』を読んで、家にいながら新しい出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る