• 今週公開の映画「虐殺器官」「君と100回目の恋」「傷だらけの悪魔」「咲-Saki-」「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」

    2017年02月03日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめてご紹介しています ◆◆◆

    2月3日公開「虐殺器官」

    伊藤計劃さんのデビュー作にして代表作となったSF小説『虐殺器官』が劇場アニメ化! 先着入場者プレゼントは、中村悠一さん(クラヴィス・シェパード役)、櫻井孝宏さん(ジョン・ポール役)による朗読音声がダウンロードできる「朗読ボイス付クリアしおり」です。

    〈あらすじ〉
    9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理体制に移行することを選択し、その恐怖を一掃。一方で後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加。世界は大きく二分されつつあった。
    クラヴィス・シェパード大尉率いるアメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊は、暗殺を請け負う唯一の部隊。
    戦闘に適した心理状態を維持するための医療措置として「感情適応調整」「痛覚マスキング」等を施し、更には暗殺対象の心理チャートを読み込んで瞬時の対応を可能にする精鋭チームとして世界各地で紛争の首謀者暗殺ミッションに従事していた。
    そんな中、浮かび上がる一人の名前。ジョン・ポール。
    数々のミッションで暗殺対象リストに名前が掲載される謎のアメリカ人言語学者だ。
    彼が訪れた国では必ず混沌の兆しが見られ、そして半年も待たずに内戦、大量虐殺が始まる。
    そしてジョンは忽然と姿を消してしまう。彼が、世界各地で虐殺の種をばら撒いているのだとしたら…。
    クラヴィスらは、ジョンが最後に目撃されたというプラハで潜入捜査を開始。
    ジョンが接触したとされる元教え子ルツィアに近づき、彼の糸口を探ろうとする。
    ルツィアからジョンの面影を聞くにつれ、次第にルツィアに惹かれていくクラヴィス。
    母国アメリカを敵に回し、追跡を逃れ続けている“虐殺の王”ジョン・ポールの目的は一体何なのか。
    対峙の瞬間、クラヴィスはジョンから「虐殺を引き起こす器官」の真実を聞かされることになる。

    公式サイト「Project Itoh」より)

    原作はこちら

    虐殺器官 新版
    著者:伊藤計劃
    発売日:2014年08月
    発行所:早川書房
    価格:778円(税込)
    ISBNコード:9784150311650

     

    2月3日公開「咲-Saki-」

    麻雀を通して少女たちの青春を描いた大人気漫画が実写化され、TVドラマ放送を経てついにスクリーンへ!

    〈あらすじ〉
    全国高校麻雀大会・長野県予選、清澄高校・龍門渕高校・風越女子高校・鶴賀学園の4校が激突する決勝戦。
    それは各校5人の雀士が総合点を競い、全国大会=インターハイへの切符を手に入れようとする頂上決戦でもある。
    ここに駒を進めた4校の少女たちは、それぞれの思いを胸に、決戦の場に向かう。
    ここで負けたら、大好きな先輩は引退してしまう……。
    仲間と一緒にもっと麻雀を楽しみたい……。あの娘にだけは負けたくない……。
    さまざまな思いが交錯する中、初の決勝進出を果たした清澄高校の1年生大将・宮永咲(浜辺美波)は全国大会出場を賭けた戦いに向かおうとしていた。
    麻雀嫌いだった咲に麻雀の楽しさを思い出させてくれた、全国中学生麻雀大会チャンピオン・原村和(浅川梨奈)、タコス好きで東場に異常に強い片岡優希(廣田あいか)、学生議会長兼麻雀部部長の竹井久(古畑星夏)、雀荘の娘で知識派の染谷まこ(山田杏奈)。

    「この5人で全国に行くんだ!」

    ――そう、泣いても笑っても、これが最後。
    しかし、そんな彼女の前に、常識では考えられない才能を持った恐ろしい“怪物”が立ちはだかる……。

    「咲-Saki-」実写化プロジェクト公式サイトより)

    原作はこちら

    咲ーSakiー 1
    著者:小林立
    発売日:2006年12月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:576円(税込)
    ISBNコード:9784757517820




    2月4日公開「君と100回目の恋」

    シンガーソングライターのmiwaさんと坂口健太郎さんのダブル主演! 「彼女の運命を変えるために、自分の人生を100回捧げようとした彼氏」と「彼氏の未来を守るため、運命を受け入れる覚悟をした彼女」を描く、純愛物語です。

    〈あらすじ〉
    7月31日、誕生日の夜。
    ライブがうまくいかず落ち込む葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は教室にいた。
    日付は事故の1週間前―。
    動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられずにいるバンド仲間であり幼なじみの陸が言う。
    「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」
    葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も時を戻していたのだ。
    「運命を変えられた。葵海はもう死なない。絶対に」
    思いが通じ合った二人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。
    そして、あの事故の日に失敗したライブをやり直すため、特別なラブソングの製作にとりかかる二人。
    「お前がどれだけ先走って転びそうになっても、俺がもっと先にいて、お前のこと守るから。」
    しかし、周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る葵海と陸だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた―。
    「葵海のいない未来なんて、俺には意味がない」
    陸が自分の未来をかけて自分を愛していることを知る葵海に、再び7月31日がやってくる―。

    映画「君と100回目の恋」公式サイトより)

    ノベライズはこちら

    君と100回目の恋
    著者:下川香苗 Chocolate Records
    発売日:2016年12月
    発行所:集英社
    価格:594円(税込)
    ISBNコード:9784086801140
    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る