〈インタビュー〉養老孟司さんの「虫御殿」訪問! 昆虫づくしのエッセイ集『虫の虫』の魅力を聞く

2015年07月01日
楽しむ
日販 商品情報センター「新刊展望」編集部
Pocket

専門書から『バカの壁』などのエッセイまで多くの著作を持つ解剖学者の養老孟司さんは、大の虫好きでもある。箱根にある別宅は、膨大な標本が並ぶ「虫御殿」だ。虫の研究は専らここで行う。「ここにいる時は虫のことしか考えない。仕事も虫も、集中が大事」

『虫の虫』は、一冊丸ごと昆虫づくしのエッセイ集。書き下ろしの「虫を見る」では、虫を見つめる視線から浮かび上がる世界を、脳のしくみから現代人の本質まで自在に語り尽くす。「ラオスで虫採り」は、昆虫採集の魅力、昆虫の生態や不思議な習性など、虫を追いかける喜びが詰まった紀行文だ。

全編を通して、鮮やかな昆虫のカラー写真が満載。さらに特装版には、仲間とのラオスでの昆虫採集の様子を70分以上の大ボリュームで収録したDVDも付く。豪華な一冊だ。

「虫からわかること、なんて言っても、実はわかったつもりで勝手にこうじゃないかと思っているだけ。言葉で説明できないことこそ大事なんです。最近はよく家の前でアリを見ているんだけど、面白いよ。本当に面白い」

虫の虫 DVD付き特装版
著者:養老孟司
発売日:2015年07月
発行所:廣済堂出版
価格:3,024円(税込)
ISBNコード:9784331253038

虫の虫
著者:養老孟司
発売日:2015年07月
発行所:廣済堂出版
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784331519431

 

創作の現場

DSCF1913cc_lowパソコンや機材が揃った研究室。この日は甲虫の翅に付いていた体長わずか〇・四ミリメートルの小さな虫を電子顕微鏡で観察していた。「毎月の四分の一くらいはここで過ごしています。箱根はこれからがいい季節。若葉が伸びてきて、それを食べる虫が出てくる。梅雨明けの頃になると、春の虫が残っているところに夏の虫も出てくるから、昆虫採集には一番の時期です。でも昆虫採集をすると、後の作業が大変でね……」。虫の話をする時の楽しそうな表情が、虫の魅力を何よりも伝えている。

DSCF1901cc_low 養老さんが持つ容器にはたくさんのゲンゴロウ。標本作りは、まず流し台で虫を洗う作業から始まる。洗剤で汚れを落とし、触角や脚を柔らかくする。使う道具は長年の経験から「紅茶の茶こしが最適」。

 


DSCF1924cc_low養老孟司  Takeshi Yoro
1937年神奈川県鎌倉市生まれ。医学博士。1962年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。1981年東京大学医学部教授に就任。1995年東京大学を退官。1998年東京大学名誉教授に。1989年『からだの見方』でサントリー学芸賞、2003年『バカの壁』で毎日出版文化賞を受賞。専門の解剖学のほか、社会時評などで幅広く活躍。近著に『ねこバカ×いぬバカ』(共著)、『日本人はどう死ぬべきか?』(共著)、『「自分」の壁』など。


(「新刊展望」2015年7月号「創作の現場」より転載)
common_banner_tenbo

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る