• 「漫画で得た唯物史観は明らかに僕の歌詞に影響を与えています」涼平さん(メガマソ/Migimimi sleep tightギタリスト)―各界注目の人が選ぶ「これが俺の学習マンガだ!」第8回

    2017年01月04日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    ギタリストの涼平さんが選ぶ「これが俺の学習マンガだ!」

    これまでに読んできた漫画の中から、自分にとって学びになったと思うものを選ぶ「これが俺の学習マンガだ!」。この連載では各界注目の人に、ご自身にとっての「学習マンガ」を選んでいただき、選んだ理由とともにランキング形式でご紹介しています。

    これまでの連載を見る(一覧)

    第8回の選者は、ロックバンド「メガマソ」「Migimimi sleep tight」のギタリスト・涼平さん。独自の世界観を持ち、ファッションや舞台など様々な分野でも活躍する涼平さんにとっての「学習マンガ」は、一体どんなものなのでしょうか?

    ryo_prof

    涼平(メガマソ/Migimimi sleep tight)
    ギタリスト。どちらのバンドでも作詞作曲を主に担当。その独自の歌詞世界と幅広い音楽性で様々なジャンルで活躍している。

    オフィシャルサイト
    メガマソ(http://megamasso.jp/wp/
    Migimimi sleep tight(http://migimimi.com/

     

    これが涼平さんの「学習マンガ」だ!

     

    第1位『カムイ伝』

    カムイ伝全集 第1部 1(誕生の巻)
    著者:白土三平
    発売日:2005年09月
    発行所:小学館
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784091878519

    幕府による厳しい身分制度がしかれていた江戸時代。その寛永年間(1624~34年)末の日置藩領内。厳しい差別を受けていた人々の集落は、夙谷(しゅくだに)という地域にあった。そこで生まれたカムイは“生きる誇りと自由”を得るためには、強くなる以外に方法はないという信念を持つ。そんなカムイがふとしたことで知り合った少年の正助。貧しい下人(自分の田を持たない小作農民)の子として生まれた彼も、いつかは自分の家や田が持てる立場になりたいと願っていた。ある日、カムイの母親が重い病にかかるが、夙谷の病人ということで町の医者から診察を拒否される。自分の母親が、ろくな手当ても受けずに死んでしまったことで、言いようのない怒りを感じたカムイは、その怒りを森で出会ったイノシシと戦うことで晴らそうとする。しかし、逆にカムイは傷ついて意識を失ってしまう。そこに偶然、あの正助が通りかかる…

    小学館『カムイ伝全集 第一部 1』より)

    初めて読んだ時、衝撃を受けました。3人の主な登場人物それぞれの思想・背景がとても強く描かれていて、特に第一部は何周でも読めます。この漫画で得た唯物史観は明らかに僕の歌詞の、特に登場人物の造形に影響を与えています。今の僕たちの歴史観で見ると、少し大げさに描かれていると感じる部分もありますが、それが2010年代には逆に大きなフィクションのドラマにも見えて面白いかも。思想的な部分が苦手な人には『カムイ外伝』をおすすめします。スタイリッシュでカッコイイ、忍者漫画です。

     

    第2位『機動戦士Vガンダム外伝』

    機動戦士Vガンダム外伝
    著者:長谷川裕一(漫画家) 矢立肇 富野由悠季
    発売日:1995年11月
    発行所:角川書店
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784047131194

    二編収録されています。タイトル通り「Vガンダム」の話と、「ガンダム対イデオン」の話。今まで読んできた二次創作作品の中でも、僕の中でダントツ! トップに位置する作品です。

    単純に話が面白いんです。そしてこのアイデアを「漫画」という形に綺麗に吐き出せることに、いちいち才能を感じてしまいます。辻褄を考えだすといろいろ言いたいことが出てきますが、そもそも普段の僕らの思考は、そんなに辻褄があっているのだろうか? そしてもし、もし自分が創作者であったとして、このような作品を素直に受け入れられるのか? 最終的に認められるのか? などと、考えこんでしまうこと間違いなしです。

     

    第3位『岡崎に捧ぐ』

    岡崎に捧ぐ 1
    著者:山本さほ
    発売日:2015年05月
    発行所:小学館
    価格:850円(税込)
    ISBNコード:9784091792075

    今の時代の「ちびまる子ちゃん」とも評されるこちらの作品。僕も大好きです。自分が子どもの頃にオーバーラップする部分もあり、でもそれは「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」で描かれていた家族像とは全然違う。子どもの時「ちびまる子ちゃん」なんかをアニメで見て、「ちょっと家とかは古いけど、うちの家族や友人たちもこんな感じだよなあ……」と感じていたのに。大人になってみて、より家族や友人の描き方にリアリティを感じるのは『岡崎に捧ぐ』なのです。

     

    涼平さん、選んでみてどうでしたか?

    涼平さんより:
    もともと本を読むのが大好きで、漫画を読むのも大好きなのですが、3つ選ぶことになって、自分がどれだけ漫画を読んできたのか、大好きなのか、学んできたのかを再確認できました。つまり、3つに絞るのが非常に難しかったです(笑)。そして、この企画のために漫画を読み直していて、時間も盗まれました。気分は最高です。また学習漫画を3つ選ばせてください。この文章を書きながら、また選びたい作品が出てきました。

     

    これが俺の学習マンガだ!とは?

    「これが俺の学習マンガだ!」は、日本財団が主催する「これも学習マンガだ!」 の連動企画。「これは自分にとって学びになった」「新しい世界を知った」という作品をランキングにしてWeb上に投稿し、SNSでシェアすることができます。なお投稿された作品やランキングは集計され、「総合ランキング」として2017年1月に発表される予定です。

    %e3%81%93%e3%82%8c%e3%82%82%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%81%a0%e3%80%80%e3%83%ad%e3%82%b4

     

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る