ブラック・クローバー

『ブラッククローバー』TVアニメ化決定!制作は「おそ松さん」「不機嫌なモノノケ庵」のstudioぴえろ

2016年12月20日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

田畠裕基さんによる漫画『ブラッククローバー』のTVアニメ化が決定しました。

『ブラッククローバー』は、『HUNGRY JOKER』で知られる田畠裕基さんが集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載している作品。「魔法が全て」の世界で、生まれながらに魔法が使えない少年・アスタが、魔道士の頂点である“魔法帝”を目指す王道の少年魔法ファンタジーです。連載開始当初から書店員からも高く評価されており、「全国書店員が選んだおすすめコミック 2016」では第3位を獲得。単行本は現在第9巻まで刊行されています。

ブラッククローバー 9
著者:田畠裕基
発売日:2016年12月
発行所:集英社
価格:432円(税込)
ISBNコード:9784088808239

今面白い漫画はこれ!「全国書店員が選んだおすすめコミック 2016」ランキング発表!

アニメーション制作は、「おそ松さん」や「不機嫌なモノノケ庵」「双星の陰陽師」を手掛けたstudioぴえろが担当。放送時期やキャストは未発表ですが、11月に「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」で上映されたオリジナルビデオアニメではアスタの声を堀江瞬さん、ユノの声を斉藤壮馬さんが演じており、ファンの間ではTVアニメ版でもそのままお二人が出演するのかに注目が集まっています。

ジャンプの次世代を担う作品の一つである『ブラッククローバー』。ついにTVアニメ化が発表されましたね! 続報を待ちましょう。

 

この記事もおすすめ

売れていて巻数もあるのになぜ?アニメ化していない漫画5選

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る