〈インタビュー〉里見蘭さん『ミリオンセラーガール』 本が愛しくなるお仕事小説

2015年06月23日
楽しむ
日販 商品情報センター「新刊展望」編集部
Pocket

〈里見蘭さんの『ミリオンセラーガール』文庫版がこのほど発売されました。単行本刊行時(2013年4月)のインタビューをお届けします。〉

本をつくる仕事、売る仕事──「出版業界」の物語が、最近何かと話題だ。辞書編集に光を当てた『舟を編む』しかり、マンガ業界の裏方を描いたコミック「重版出来!」しかり。そんな中、小説 『ミリオンセラーガール』もぜひ手に取ってみてほしい。主役は出版社の「書店営業」。書店を回って自社の本を売り込む人、である。

ミリオンセラーガール
著者:里見蘭
発売日:2015年06月
発行所:中央公論新社
価格:734円(税込)
ISBNコード:9784122061248

失恋した上にアパレル会社をクビになった沙智は、ファッション誌編集者を志し、中堅出版社への転職を果たす。だが配属されたのは営業局販売促進部、通称「ハンソク」。書店営業という聞いたこともない仕事だった。職場は地味、同僚たちは超個性的、仕事では挫折ばかり……。ファッション誌への異動を目標に奮闘する沙智だったが、ある日、無名作家の新作をベストセラーにせよとの特命を受ける。営業、編集、さらに業界全体を巻き込んでの戦いの日々。ミリオンセラーに向けた進撃に大喜びしていたその矢先──。

里見蘭さんは、担当編集者との出会いが大きなきっかけとなって、本作を書き始めたと語る。「営業を数年経験してきた彼の話を聞いて、とてもおもしろかったんです。多くの読者が思い浮かべる出版社の仕事といえば編集、しかも華やかなイメージ。でも“営業”という言葉には汗のにおいがしました。そして、一冊の本を読者に届けるにはまず書店員さんに認知してもらうこと、そのために書店営業という仕事はどれほど重大か、僕自身が前作『さよなら、ベイビー』の出版時に身をもって感じていたんです」

綿密な取材に基いて出版業界の様子を描き出した。「批判覚悟で、業界の悪い部分も隠さず書いた」という。実際、かなりディープな情報まで盛り込まれており、業界入門書にもなりそうな内容だ。
「ただ、関係者しか楽しめない内向きなものにはしたくなかった。だから主人公はアパレル業界から来たギャル系です。文化系女子には嫌われるかもしれないけど(笑)。表現も、なるべく読みやすいよう工夫しました」

販売促進部のメンバーを始め、愛すべきキャラクターたちが続々登場。笑いの要素も満載だ。終盤には、お仕事小説として胸が熱くなる展開が待っている。素敵なエンターテインメント作品なのである。
「取材を重ねて強く感じたのは、本の仕事に携わる人々の本への愛情です。この業界はそれに支えられている部分が大きい。そういう人々の姿を描きたいと思いました。出版界には今、町の本屋さんが次々閉店し、ネット書店の隆盛、電子書籍の普及といった激動の状況があります。本を愛して本の仕事をしている人々のもしかしたら失われてしまうかもしれないこの時を、物語の形に焼き付けたいと思ったんです」

本が好きな人、本の仕事に携わる人は、本への愛おしさが募る物語だ。
「一方で、本に興味がない人もぜひ読んでほしい。本の世界っておもしろい、そう感じていただけたら幸いです」

 


里見蘭
1969年東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、編集プロダクションに所属し、ライターとして映画、TVドラマ等のノベライズを数多く執筆。2004年『獣のごとくひそやかに』で小説家デビュー。2008年『彼女の知らない彼女』で第20回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。著書に『さよなら、ベイビー』『藍のエチュード』『大神兄弟探偵社』『暗殺者ソラ』などがある。


(「新刊展望」2013年6月号「著者とその本」より)

common_banner_tenbo

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る