• 星野源

    星野源による待望の最新エッセイ集『いのちの車窓から』予約受付開始!2017年3月発売

    2016年12月20日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    星野源さんによる待望の最新著書『いのちの車窓から』の緊急出版が決定しました。発売日は2017年3月30日(木)ですが、12月20日(火)より予約受付が開始しています。

    星野源さんは、本日最終回を迎えるドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」や主題歌「恋」のヒット、2度目の紅白出演など、ミュージシャンとしても俳優としても今最も注目されている人物の一人。その影響を受け、過去に出版された『そして生活はつづく』『働く男』『蘇える変態』といった著書も売上を伸ばしています。

    今回出版が決定した『いのちの車窓から』は、雑誌「ダ・ヴィンチ」で2014年より連載されてきたエッセイに、新たに書き下ろしを加えたもの。ドラマ「逃げ恥」の撮影秘話や、「SUN」「恋」といったヒット曲が生まれるまで、さらにこっそり別人としてTwitterをやっていたという驚きのエピソードや、自分のことを「人見知りだ」というのをやめたきっかけなど、ここ約2年間で星野さんが見てきたもの、感じてきたことが収録されています。

    思わず吹き出してしまう、心の端がくすぐったくなるような星野さんの“くだらない”エピソード、そしてそんな〈おふざけ〉から時折にじみ出る悲しみや怒り、虚しさ。3月に発売される『いのちの車窓から』も、きっと読者を虜にすることでしょう。

    %e6%98%9f%e9%87%8e%e6%ba%90%ef%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%9d%e6%b1%9f%e6%a3%ae%e5%ba%b7%e4%b9%8b

    星野源さんからのメッセージ
    星野源のエッセイ集が3月に発売になります。自分の中で、年々書くことが楽しくなってきていて、その最中に生まれた文章が一冊にまとまると思うと、とても嬉しいです。
    『いのちの車窓から』には、この2年間自分が見つめてきた景色と、それによって心が動いた瞬間の両方が詰まっています。言葉にできない想いを言葉にする為に向き合う文筆の作業は、とても面白いです。是非読んでいただきたいです。よろしくお願いします。

    本のタイトルは、普段度の強い眼鏡をかけているという星野さんが、レンズ越しに周囲を見ている自分を“窓の内側にいる”ように感じているということを綴った表題作から。星野さんが「窓」から見ている世界を、ぜひあなたも覗いてみてください。

     

    『いのちの車窓から』書籍情報

    著者:星野源
    発売日:2017年3月30日(木)※予約受付中
    発行:KADOKAWA
    定価:本体1,200円(税抜)
    仕様:四六判/200ページ程度予定
    ISBN:9784040690667

    http://ddnavi.com/feature/340528/

    そして生活はつづく
    著者:星野源
    発売日:2013年01月
    発行所:文藝春秋
    価格:626円(税込)
    ISBNコード:9784167838386
    働く男
    著者:星野源
    発売日:2015年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784167904524
    蘇える変態
    著者:星野源
    発売日:2014年05月
    発行所:マガジンハウス
    価格:1,420円(税込)
    ISBNコード:9784838726615
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る