• 【宮内悠介さんの仕事場訪問】SFからミステリ、純文学でも話題!気鋭の作家の1日は〇〇で始まる

    2016年12月20日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 猪越
    Pocket

    デビューから2作連続で直木賞候補となり、本日、初の純文学作品『カブールの園』で第156回芥川賞へのノミネートが発表された宮内悠介さん。いま最も注目と期待を集める作家の最新作『月と太陽の盤』のテーマは、デビュー短編「盤上の夜」と同じ「囲碁」。「1作1作バラバラのことを書きたくなってしまうので、幾ばくかでも共通点を持たせています」。自身も有段の腕前で、スマホの囲碁アプリで一局打つことから一日が始まる。その後は近くの喫茶店で集中したり、布団に寝転がってノートパソコンに向かったり。その日の状況によって執筆している。

    『月と太陽の盤』は、放浪の碁盤師・吉井利仙と彼を師と慕う若き囲碁棋士・愼が、囲碁をめぐる事件の謎を解決していく連作ミステリ。SFでデビューした宮内さんにとって、ミステリは「新たな挑戦」であり、収録作はデビュー当時から書き溜めてきたもの。宮内さんのこれまでの「履歴にもなっている」本作は、新本格からコンゲーム風、文芸調のものまでバリエーション豊富。ミステリとしての面白さはもちろん、碁盤師という職業の興味深さや愼の成長など読みどころも満載だ。

    月と太陽の盤
    著者:宮内悠介
    発売日:2016年11月
    発行所:光文社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784334911317

    miyauchiyusuke01「書き方やデバイスはその日の気分。パソコンやタブレット、調子が悪いときはスマホのメモ帳が良かったりします。手書きも“書いて消して”にならないので否応なしに前には進みますね」。宮内さんの左手にあるのは初代のポメラ。「デビュー前、プログラマーをやっていた頃に買ったもの。起動が早く文章作成専用なので、すき間時間にものを書くときに重宝しました。その初心を忘れたくなくて、いまも持っています」。その下にあるキーボードで作曲することがいい気分転換になっている。

    s0064102-640x479

    短編デビュー時にサークルの先輩がプレゼントしてくれた万年筆は、「将来、翻訳されるときの契約書にサインするために」と選んでくれたアメリカ製のシェーファー。雑誌掲載時のゲラとともに。作中の見取り図もすべて宮内さん作成。

    オンライン書店「Honya Club.com」限定! 宮内悠介さんのサイン色紙が抽選で当たります。囲碁盤をイメージしたレアな1枚です!!

    tenbo65a_s1

    〉詳しくはこちら
    http://www.honyaclub.com/shop/e/etenbo65a/

    s0094105-640x482宮内悠介 Yusuke Miyauchi
    1979年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2010年、短編「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞。デビュー作品集『盤上の夜』で第147回直木賞候補、第33回日本SF大賞受賞。『ヨハネスブルグの天使たち』で第149回直木賞候補、第34回日本SF大賞特別賞受賞。2013年、第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。

    カブールの園
    著者:宮内悠介
    発売日:2017年01月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,458円(税込)
    ISBNコード:9784163905938
    ヨハネスブルグの天使たち
    著者:宮内悠介
    発売日:2015年08月
    発行所:早川書房
    価格:799円(税込)
    ISBNコード:9784150312008
    盤上の夜
    著者:宮内悠介
    発売日:2014年04月
    発行所:東京創元社
    価格:886円(税込)
    ISBNコード:9784488747015

    (「新刊展望」2017年1月号「創作の現場」より転載)

    common_banner_tenbo

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る