生きづらさを感じる全ての人に読んでほしい『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

2016年12月14日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』が「このマンガがすごい!」オンナ編で第3位を獲得

12月10日に発表された「このマンガがすごい!2017」で、永田カビさんの漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』がオンナ編の第3位を獲得しました!

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
著者:永田カビ
発売日:2016年06月
発行所:イースト・プレス
価格:999円(税込)
ISBNコード:9784781614427

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』は、もともと永田さんがpixivで「女が女とあれこれできるお店へ行った話」として公開していた作品を、加筆修正のうえ書籍化したものです。pixiv掲載時から大きな話題を呼び、閲覧数はなんと480万以上! 単行本も累計部数18万部と、大ヒットしています。

 

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』は、ただの風俗レポではない

これだけ話題になっている作品なので、タイトルを聞いたことがある方や、書店店頭で実物を見かけたことのある方も多いでしょう。しかし「レズ風俗」というタイトルや、ベッドの上でうろたえる裸の女性が描かれたピンク色の表紙から、「この作品は珍しい性体験をレポートした漫画だ」「自分には関係ない」「買うのが気恥ずかしい」と、手に取ってこなかった方もいるのではないでしょうか?

しかしこの漫画の大切なところは、「レズビアン専門風俗のことが描いてある」という部分ではありません。この作品の大きなテーマは、誰もが一度は感じたことがあるであろう「生きづらさ」です。食わず嫌いで距離を置くには非常にもったいない作品なので、今回は『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』について詳しくご紹介します。

 

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』はどんな漫画なのか

この物語の主人公は、作者でもある永田カビさんです。楽しかった高校生活を終え大学に進学しますが、半年で退学。所属する場所を失った不安から週6日のアルバイトを始めますが、心身ともに不調をきたし、遅刻・早退を繰り返してしまいます。

アルバイトもクビになり、ついには生きづらい日常から逃れるため、死を考えるように。しかし死を想像した際に彼女に湧き起こった感情は、意外にも”悔しさ”でした。そして「なにくそ!!! こうなったらダメ元で 立ち直るべくあがいてから死んでやる」と決意を固めたのです。

rezufuzoku-1

それまで、何事に関しても「(自分が)そうしたい」ではなく「親に認められたい」という気持ちが原動力になっていたという永田さん。「とにかく普通の生活にしないと」とアルバイトを始めますが、親の期待とはズレており、認めてもらえないという悲しみをまたも感じることになります。

rezufuzoku-2

rezufuzoku-3

1 2 3
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る