• 埼玉ディス漫画 『翔んで埼玉』はどの都道府県で一番売れたのか?

    2016年11月29日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    埼玉ディスがひどすぎる『翔んで埼玉』 57万部突破のスマッシュヒット!

    昨年のクリスマスイブに発売された漫画『翔んで埼玉』が、57万部突破のスマッシュヒットを記録しています。

    『翔んで埼玉』は『パタリロ!』で知られる漫画家・魔夜峰央さんの作品で、1982年から翌年にかけて「花とゆめ」(白泉社)の別冊で連載されたもの。30年以上前の作品ではありますが、「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」「ああ、いやだ! 埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」といった台詞は今の読者の心もガッチリ掴み、「2016年上期日経MJヒット商品番付」(2016年6月8日発表)では前頭の座を獲得しました。

    翔んで埼玉
    著者:魔夜峰央
    発売日:2015年12月
    発行所:宝島社
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784800249395

     

    『翔んで埼玉』はどの都道府県で売れたのか?

    ところでこの『翔んで埼玉』、一体どの都道府県で一番売れたのでしょうか?

    今回は書店1軒あたりの平均販売冊数を調べ、都道府県別にランキングにしてみました。

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ(集計期間:発売日~2016年11月23日)

     

    『翔んで埼玉』都道府県別ランキング TOP5

    第1位 埼玉県(1軒あたり約120冊)
    第2位 東京都(約50冊)
    第3位 千葉県
    第4位 神奈川県
    第5位 新潟県

    第1位は埼玉県! ディスられてはいても、やっぱりご当地で売れているんですね。

    平均販売冊数は東京都の2倍以上で、売上全体に占める割合はなんと埼玉県単独で約3割。これは圧倒的です。

    第5位には、魔夜峰央さんの出身地である新潟県がランクイン。そして第6位以下には、茨城県(第6位)、栃木県(第7位)、群馬県(第8位)と埼玉近隣の県が並ぶ結果となっています。

    ちなみにこの3県は、ブランド総合研究所が発表している「都道府県の魅力度ランキング2016」のワースト3。特に茨城県は、作中で「埼玉のさらに奥地にあるといわれる日本の僻地」と、埼玉県以上にディスられています。

    ※埼玉県は第39位で、下から7番目。

     

    大ヒット御礼企画! 魔夜峰央が『翔んで埼玉』誕生秘話を描く連載がスタート

    この『翔んで埼玉』大ヒットを記念して11月22日(火)には、『翔んで埼玉』へと繋がる魔夜峰央さんの思い出を描いた完全新作コミックエッセイの連載がスタート。『魔夜峰央の翔ばして!埼玉』というタイトルで、「このマンガがすごい!WEB」にて公開されています。

    〉『魔夜峰央の翔ばして!埼玉』(このマンガがすごい!WEB)
    http://konomanga.jp/manga/tobasitesaitama

    ちなみに『翔んで埼玉』は未完の作品です。

    その理由は魔夜さんの引っ越し。横浜へ引っ越すことになった魔夜さんが「埼玉の外にいながら描いたらただの悪口になってしまう」と考えたことから、連載が中断されたのだそう。

    愛のあるディスりだからこそ、『翔んで埼玉』は埼玉県民にも愛されたのでしょうね。

     

    『翔んで埼玉』関連記事

    魔夜峰央『翔んで埼玉』がGACKT・二階堂ふみのW主演で実写映画化決定




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る