食糧人間04

エグすぎる!サバイバルパニックホラー漫画『食糧人類』が売行好調!

2016年11月29日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

飼育室や生殖種などショッキングな設定が続々……『食糧人類』が売れ行き好調

今、『食糧人類-Starving Anonymous-』という漫画が売れています。『食糧人類』は講談社「eヤングマガジン」にて連載されているサバイバルパニックホラー。水谷健吾さんが小説投稿サイト「エブリスタ」にて連載している小説を、『アポカリプスの砦』で知られる蔵石ユウさん×イナベカズさんのコンビが漫画化した作品です。

食糧人類ーStarving Anonymousー 1
著者:イナベカズ 蔵石ユウ 水谷健吾
発売日:2016年09月
発行所:講談社
価格:650円(税込)
ISBNコード:9784063828559

『食糧人類』の単行本第1巻が発売されたのは2016年9月20日。初週から比較的好調に売れていたのですが、落ち着いてきた10月中旬頃にバナー広告の影響で盛り返し、品薄状態に。11月に入って重版が投入され、その後売上を大きく伸ばしています。

▼『食糧人類』第1巻の売れ行き(日販 オープンネットワークWIN調べ)

食糧人類売れ行き

 

『食糧人類』ってどんな漫画?

※【注意】一部ショッキングな描写がございますので、苦手な方はご注意ください。

『食糧人類』の舞台は、温暖化が進んだ未来の日本。人間が住める場所は激減、人口も大幅に減少しています。主人公の高校生・伊江は、3月だというのに真夏のように暑い中、友人のカズとともにバスで下校していました。

1 2 3
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る