diveinbooks%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

泊まれる古本屋もオープン!本の世界にとびこむ一日「Dive in books!」開催【11/25-/26・東京】

2016年11月22日
楽しむ
ほんのひきだし編集部
Pocket

11月26日(土)、東京・根津にある「HOTEL GRAPHY NEZU」にて、「本のお祭り〈Dive in books!〉」が開催されます。

前日25日(金)には、開催に先駆けて〈前夜祭〉が開催。荻窪のブックカフェ「6次元」店主・ナカムラクニオさんがイベントに伴い無人古本屋「7次元」をオープンし、1名限定で宿泊できるという企画も行われます。

diveinbooks%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

 

泊まれる古本屋ってどういうことだ!?

「7次元」は、「HOTEL GRAPHY NEZU」の一室に限定オープンする無人古本屋。11月25日(金)に開催されるナカムラクニオさんのトークイベントが始まるまでは、ツアーアテンド方式で誰でも楽しむことができますが、トークイベント終了後は応募者から選ばれた1名のためだけの本屋となります。

応募期間は11月23日(水)11:59まで。気になった方はぜひ応募してみてくださいね。

泊まれる古本屋

宿泊日:
2016年11月25日(金)
※チェックインはトークイベント終了後となります(21時以降)。

宿泊先:
HOTEL GRAPHY NEZU(東京都台東区池之端4-5-10)【MAP
※部屋タイプ:スモールダブル(バス・トイレ共用)。

当選人数:
1名

〉応募条件・応募フォームはこちらから
http://diveinbooks.wixsite.com/diveinbooks/blank

 

11月25日(金)開催〈前夜祭〉概要

前夜祭では、ナカムラクニオさんによるトークイベント「本屋とパラレルキャリアの相性を語る」が開催。今している仕事以外の仕事をすること(=パラレルキャリア)について、本屋をめぐる状況を鑑みながら「本屋と掛け合わせてパラレルキャリアをしたい・している方へのアドバイス」などが語られます。

日時:
2016年11月25日(金)19:00~21:00 ※18:45受付開始

場所:
HOTEL GRAPHY NEZU(東京都台東区池之端4-5-10)【MAP

入場料:
1,500円 ※チケットは下記URLから購入できます。
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01fd0hyias6x.html

▼ナカムラクニオさんの著書『パラレルキャリア 新しい働き方を考えるヒント100』発売中

パラレルキャリア
著者:ナカムラクニオ
発売日:2016年06月
発行所:晶文社
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784794969255

 

11月26日(土)開催〈本祭〉概要

本祭では新刊や古本、本に関連する雑貨が販売されるほか、ゲストを迎えてのトークイベント、本をもっと愛するためのワークショップなどが行われます。なお本祭への入場は無料です。

日時:
2016年11月26日(土)11:00~18:00

場所:
HOTEL GRAPHY NEZU(東京都台東区池之端4-5-10)【MAP

プログラム:
【トークイベント】本とWebサービス ※参加費1,500円
・11:30~13:00
・ゲスト…河村奨(リブライズ)、井上隆行(本のアプリ Stand
・司会…和氣正幸(BOOKSHOP LOVER
※チケットは下記URLから購入できます。
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01bhuiyixnpt.html

【スペシャルプログラム】
①本のインスピレーションに恋をする 合コン for Book Lover ※参加費500円+1ドリンク
・会場で買った本、もしくは持参した本について「選んだ理由」で異性にアピールする合コンです。
・14:30~16:00/17:00~18:30

②古書肆 右左見堂によるブックカバーワークショップ&トーク ※参加費500円
・古本をよりきれいに長持ちさせるための本の磨き方、パラフィン紙カバーの掛け方を教わるワークショップです。
・トークでは仕入れや古書価相場のカラクリなど、ちょっと怪しいウラ情報も聞けるかも……?
・13:00~14:00/16:30~17:30
・定員 各回6名

【出店者】※順不同
・ひな菊の古本
・ドーナッツブックス
・書肆鯖
・ドジブックス
・ELäMä books
・タカハシカエ
・ポンコツ堂と影山俊
・ハオチ―ブックス
・散策舎
・本と塾
・くちぶえブックセンター
・tsugubooks
・劃桜堂
・ハグブックス
・放浪書房 ほか

 

本のお祭り〈Dive in books!〉とは

日本全国で「書店が減っている」といわれる一方、無店舗でもさまざまな形で本屋を試みる人が増えている昨今。「本屋をやってみたい人は、想像以上にいるのではないか?」「そういう人たちがもっと活躍できる場はないか」という考えのもと、「本のお祭り〈Dive in books!〉」は企画されたそうです。

〈Dive in books!〉のテーマは、「本の世界の入口」。来場した方にとっては「本を手に取る入口」に、また出店側の方にとっては「本を売る側(本屋)の入口」になればという思いが、このイベントには込められています。


▼本件に関するお問合わせはこちらまで
「Dive in books!」運営事務局(担当:佐藤 diveinbook@gmail.com)
公式HP http://diveinbooks.wixsite.com/diveinbooks
Facebook https://www.facebook.com/Diveinbooks/

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る