• 『BLEACH』の久保帯人が今は亡きファンレター差出人の情報提供を呼びかけ

    2016年11月18日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    久保帯人さんがファンレター差出人の情報提供を漫画で呼びかけ

    今年8月、15年にわたる連載に幕を閉じた漫画『BLEACH』。その作者である久保帯人さんが、連載中に受け取ったファンレターの差出人に関する情報提供を呼びかける漫画をTwitterに投稿し、大きな話題を呼んでいます。

    Twitterに投稿された漫画は全11枚。11月17日に投稿されたこの一連のツイートは、18日現在で合計70万リツイートを超えています。

     

    久保帯人さんによる一連のツイートはこちら

    『BLEACH』の連載を終えて3か月。久保帯人さんが読者に感謝を伝えるところから、漫画は始まります。余計な解説は不要だと思いますので、まだ読まれていない方はまず以下の漫画を読んでみてください。

    ベッドの上から動けない少年に、明日への希望と生きる力を与えてくれた『BLEACH』。身元を明かさず、自分の死後に久保さんのもとへ届くように手紙を書いた差出人の少年。そして、体調を崩し「漫画家失格だ」と連載をやめようとさえ思っていたところに、このファンレターを受け取った久保さん。「手紙の送り主に何とかしてお礼を伝えたい」という久保帯人さんの気持ちを想像すると、胸にぐっときます。

    久保帯人さんは一連の投稿の最後にファンレターの実物を写真で公開し、「彼についてのどんな情報でも構いません。ご存知のことがあれば、この投稿フォームからメッセージを送ってください」と呼びかけています。

    消印と筆跡のみで送り主を探し出すのはかなり困難だとは思いますが、皆の力でこの久保帯人さんのお礼の漫画が、亡くなった少年のところに届くことを祈ります。

    BLEACH 74
    著者:久保帯人
    発売日:2016年11月
    発行所:集英社
    価格:454円(税込)
    ISBNコード:9784088807744
    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る