• 今週公開の映画「この世界の片隅に」「ミュージアム」「オケ老人!」「きんいろモザイク Pretty Days」

    2016年11月11日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ♦♦♦ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめてご紹介しています ♦♦♦

     

    11月11日公開「オケ老人!」

    杏さん初主演映画! 原作は『ちょんまげぷりん』や『探検隊の栄光』などでも知られる荒木源さんの同名小説です。

    〈あらすじ〉
    梅が岡高校に赴任してきた数学教師の小山千鶴(杏)は、バイオリンをもう一度演奏したい!という気持ちに駆られ、早速地元でエリートと言われているアマチュア・オーケストラに連絡を取り「入団したい」と伝えると、あっさりOKの返事。翌日、心躍らせながら練習会場の公民館へ向かうが、なんだか様子がおかしい。やってくるのは老人ばかり──。どうやら梅が岡には2つのアマチュアオーケストラが存在し、千鶴が入団したかったオケは「梅が岡フィルハーモニー」(梅フィル)というエリート楽団で、問合せをした「梅が岡交響楽団」(梅響)は老人ばかりのオケだった!

    映画「オケ老人!」公式サイトより)

    原作はこちら

    オケ老人!
    著者:荒木源
    発売日:2010年12月
    発行所:小学館
    価格:751円(税込)
    ISBNコード:9784094085686

     

    11月12日公開「この世界の片隅に」

    「この映画が見たい」クラウドファンディングで目標をはるかに上回る資金を調達し、こうの史代さんの『この世界の片隅に』がアニメ映画になりました。主人公・北條すず役は「のん」さんが務めます。

    〈あらすじ〉
    18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
    良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
    見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

    夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

    ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

    1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
    そして、昭和20年の夏がやってくる――。

    映画「この世界の片隅に」公式サイトより)

    原作(上・中・下)はこちら

    この世界の片隅に 上
    著者:こうの史代
    発売日:2008年01月
    発行所:双葉社
    価格:700円(税込)
    ISBNコード:9784575941463

    能年玲奈改め「のん」がアニメ映画「この世界の片隅に」主演声優に決定

    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る