• 今週公開の映画「ボクの妻と結婚してください。」「溺れるナイフ」「続・深夜食堂」「ぼくのおじさん」など

    2016年11月04日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ♦♦♦ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめてご紹介しています ♦♦♦

     

    11月3日公開「ぼくのおじさん」

    「どくとるマンボウ」の北杜夫さんが自分自身をモデルに書いたロングセラー小説が、「天然コケッコー」「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督で映画化! 主演は松田龍平さんです。

    〈あらすじ〉
    学校の作文コンクールで「自分のまわりにいる大人」をテーマに作文を書くことになった小学4年生の“ぼく”こと、春山雪男。お父さん? お母さん? ああ、なんだか筆が乗らないなあ……、困り果てた雪男は、大人のクセにお小遣いはくれないし、勉強も教えてくれない、スポーツはからきしだめ、いつも万年床でマンガばかり読んでいるボサボサ頭の居候(パパの弟)のおじさんをテーマに「ぼくのおじさん」という作文を書き始めるのだった――。

    映画「ぼくのおじさん」公式サイトより)

    原作はこちら

    ぼくのおじさん
    著者:北杜夫
    発売日:1981年05月
    発行所:新潮社
    価格:529円(税込)
    ISBNコード:9784101131238

     

    11月4日公開「MX4D™カゲロウデイズ-in a day’s-」

    あの「カゲロウプロジェクト」が「体感型4Dショートムービー」としてついに公開!

    〈あらすじ〉
    日本初の完全新作MX4D™アニメーション作品として製作される今作は、「カゲロウプロジェクト」のキャラクターデザイン他ビジュアルを手掛けてきた映像作家・イラストレーター「しづ」初の監督作品。

    マルチクリエイター「じん」が動画サイトに投稿した一つの動画から始まり、音楽、小説、コミック、アニメと様々なフィールドに広がり、
    関連動画再生数は1億回以上、累計書籍850万部、関連音楽パッケージ70万枚の大ヒットを記録したマルチメディア作品「カゲロウプロジェクト」は、それぞれ「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のキャラクターたちが謎めいたストーリーを展開していく。

    今作は、ある街で起きた事件を「メカクシ団」の少年少女たちが奮闘するスリリングなストーリー。
    「カゲロウプロジェクト」の物語の中に没入できる今作は、アニメーションとMX4D™による臨場感が融合した全く新しい映像体験が実現。
    ファンはもちろん、今までに「カゲロウプロジェクト」に触れたことがない人々にとっても、鮮烈なインパクトを持つ映像がここに誕生する。

    映画「MX4D™カゲロウデイズ-in a day’s-」公式サイトより)

    原作はこちら

    カゲロウデイズ 8
    著者:佐藤まひろ じん(自然の敵P)
    発売日:2016年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:594円(税込)
    ISBNコード:9784040682358
    1 2 3 4
    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る