• 『亜人』佐藤健主演で実写映画化!監督は「踊る大捜査線」の本広克行

    2016年11月04日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    『亜人』が佐藤健さん主演で実写映画化!

    桜井画門さんによる累計発行部数540万部突破の人気漫画『亜人』が、佐藤健さん主演で実写映画化され、2017年に全国東宝系にて公開されることが発表されました!

    亜人 1
    著者:桜井画門 三浦追儺
    発売日:2013年03月
    発行所:講談社
    価格:637円(税込)
    ISBNコード:9784063878684

    メガホンを取るのは大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」を手がけた本広克行監督。またアクションシーンには、佐藤健さんが主演を務め大ヒットした映画「るろうに剣心」のチームが参加しているとのことです。

     

    漫画『亜人』とは?

    『亜人』は桜井画門さんが講談社「good!アフタヌーン」にて連載中のバトル・サバイブ・サスペンス漫画です。

    タイトルの〈亜人〉とは、決して死なない新種の人類のこと。『亜人』では、〈亜人〉に認定され全人類から追われることになった主人公・永井圭の逃亡劇が描かれており、新感覚のバトルアクションと精密な心理描写が魅力です。単行本は現在、第9巻まで刊行されています。

    なお『亜人』は2015年11月から2016年9月にかけて3部作で劇場アニメが制作されたほか、2016年1月にTVアニメ第1クールが放送され、現在は第2クールが放送中です(いずれもポリゴン・ピクチュアズ制作)。

    2016年冬アニメ「亜人」 原作コミックはこれを読め!期待度ランキングベスト5【Part3】

     

    衝撃シーンの数々がどう再現されるのかも見どころ!

    アニメ化決定の際にも「えっ、本当にアニメ化されるの?」「アニメではどう表現されるんだろう……」と驚きましたが、なんと今度は実写映画化です。〈亜人〉の一番の特徴は「決して死なない」こと、そして「一度死ぬと体が復元する」こと。この設定のもとでバトルシーンが繰り広げられるので、回復するためにわざと銃で頭を撃ち抜いたり、腕を切り落として敵を騙したりといった、信じられないような戦術が次々に繰り広げられます。

    この衝撃的なシーンの数々が実写映画ではどのように描かれるのか、また単行本の表紙にも登場する亜人の分身、「IBM(インビジブル・ブラック・マター)」と呼ばれる黒い物体の登場するアクションシーンがどのように表現されるのかも気になります。

    佐藤健さん演じる主人公・永井圭は、一見普通の青年のようで、実はかなりダークな一面を持っています。佐藤健さんはこれまで「バクマン。」の真城最高役や「るろうに剣心」の緋村剣心役など、いくつか漫画原作の映画で主演を務めていらっしゃいますが、今回はこれまでにない違った演技・表情が見られるのではないでしょうか。

    11月7日(月)に発売される「good!アフタヌーン」12号にも続報が掲載されるそうなので、気になった方はそちらもぜひチェックを!

    good! (グッド) アフタヌーン2016年12月号 2016年 12月号
    著者:
    発売日:2016年11月07日
    発行所:講談社
    価格:700円(税込)
    JANコード:4910138721264

    【2017/2/17】
    映画の公開日が2017年9月30日(土)に決定! また綾野剛さん、玉山鉄二さん、城田優さん、千葉雄大さんらが出演することも発表されました(映画公式サイトはこちら)。

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る