• 「おおきなかぶ」ってどれくらいの大きさなんだろう?物語の世界を体感できる「Big Book」シリーズ創刊

    2016年11月03日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    物語の世界を体感できる! 『おおきなかぶ』『うらしまたろう』が11月下旬に発売

    「うんとこしょ、どっこいしょ」おじいさんが一人では引き抜けなかった『おおきなかぶ』のかぶは、どれくらいの大きさだったんだろう? 私も浦島太郎みたいに、亀に乗って龍宮城へ行ってみたい……。

    そんな願いを叶えてくれる魔法の絵本「Big Book」シリーズが創刊され、『おおきなかぶ』『うらしまたろう』の2作が11月下旬に青幻舎より発売されます。

    sub1

    「Big Book」はシート状の絵本。広げると物語の世界が足もとに広がり、寝転んだり座ったり、物語の主人公になった気分で自由に楽しめます。水などの液体を弾き、破れにくくシワになりにくい丈夫なつくりなので、思う存分遊べます。サイズが大きいので、子どもたちが皆で読むこともできます。

    sub18

    テキストは日英併記。絵本の上に散りばめられています。

    sub8

    子どもだけでなく大人も童心に返って楽しめそうですね。箱に入っているので、プレゼントなどにもよさそうです。

    sub15

     

    Big Bookシリーズ『うらしまたろう』書籍情報

    sub5

    『Big Book うらしまたろう』※日英併記
    ・発売時期:2016年11月下旬
    ・著者:藤本真央
    ・定価:本体1,800円+税
    ・サイズ:横1025mm×縦1188mm(BOXサイズ:220×315mm)
    ・ISBN:9784861525827

     

    Big Bookシリーズ『おおきなかぶ』書籍情報

    sub7

    『Big Book おおきなかぶ』※日英併記
    ・発売時期:2016年11月下旬
    ・著者:藤本真央
    ・定価:本体1,800円+税
    ・サイズ:横594mm×縦2050mm(BOXサイズ:220×315mm)
    ・ISBN:9784861525834

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る