• ハリー・ポッター新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』映画オリジナル脚本版の国内刊行決定!

    2016年11月01日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    ハリポタ新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』映画オリジナル脚本版刊行決定!

    11月11日の『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』発売が間近に迫った今、11月23日に映画が公開される「ハリー・ポッター」新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』映画オリジナル脚本版の刊行決定が発表されました!

    『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」を編纂した魔法動物学者、ニュート・スキャマンダー(演:エディ・レッドメイン)を主人公とした物語。「ハリー・ポッター」シリーズの原作者、J.K.ローリングさんが初めてシナリオ作家として参加している作品でもあり、今回発売される「映画オリジナル脚本版」は、J.K.ローリングさんによる書き下ろし新作です。

    幻の動物とその生息地
    著者:J.K.ローリング 松岡佑子
    発売日:2014年05月
    発行所:静山社
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784863892521

    『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』映画オリジナル脚本版(日本語版)は、2017年春刊行予定。映画のシナリオをベースに構成されていますので、まずは映画を観て、発売を楽しみに待ちましょう。

    【『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』映画オリジナル脚本版の発売が決まりました!】
    「ファンタビ」映画オリジナル脚本が書籍化!3月16日に静山社より発売

     

    映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は11月23日公開

    STORY
    「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の舞台は1926年。世界中を旅して数々の魔法生物を調べてきたニュート・スキャマンダーは、ニューヨークへ少し立ち寄り、何事もなく次の目的地へ行くはずだった…… ジェイコブという名のノーマジ(アメリカのマグル)さえいなければ。そして、魔法のトランクを取り違えさえしなければ。数匹のファンタスティック・ビーストが逃げ出しさえしなければ――。

    〉映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」公式サイト
    http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

     

    11月1日発売「Pen」は「ハリー・ポッター完全読本」!

    11月1日発売の雑誌「Pen」では、映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」および「ハリー・ポッター」全作を大特集!

    作者であるJ.K.ローリングさんの人物像に迫るほか、デイビッド・イェーツ監督やプロデューサーのデイビッド・ヘイマンさん、美術監督のスチュアート・クレイグさん、主要キャストであるエディ・レッドメインさん、キャサリン・ウォーターストンさん、コリン・ファレルさんなど、新作映画のキーパーソンにインタビュー。

    また「ハリー・ポッター」シリーズの小説7作品と映画8作品について、これらを研究対象としている英文学者や映画ライターによる徹底解説も収録されています。キャラクター名鑑や魔法の呪文集も収録された一冊、ハリポタファンは必携です。

    Pen (ペン) 2016年 11/15号
    著者:
    発売日:2016年11月01日
    発行所:CCCメディアハウス
    価格:680円(税込)
    JANコード:4910279631163

    関連記事をチェック!
    シリーズ最新作『ハリー・ポッターと呪いの子』発売日が11月11日へ前倒しに
    シリーズ最新作『ハリー・ポッターと呪いの子』の発売日が11月15日に決定!表紙デザインも公開
    担当編集者による商品ガイド「ハリー・ポッター」8番目の物語が描くのは、あの戦いの“19年後”

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る