• ラーメン二郎にそっくりと話題の「邪神」でおなじみ「クトゥルフ神話」とは?

    2015年06月10日
    楽しむ
    日販 CRM推進部 川下
    Pocket

    先日、こちらのつぶやきが話題になった。

    ツイートをご覧になった方は多いと思うが、そもそもここで言われている「クトゥルフ神話」はご存じだろうか?

    クトゥルフ神話とは?
    20世紀前半に活躍したアメリカの怪奇小説作家・ラヴクラフトが構築し、そこに登場する邪神を用いて友人や弟子たちが創作を行い、世界観を広げることで作り上げられた架空の神話体系のこと。「遥か太古に外宇宙の彼方より飛来し、この地球に君臨していた旧支配者と呼ばれるおぞましき存在が現代に蘇る」というモチーフを主体としている。
    その世界観は数多くのクリエイターに影響を与え、今日では小説だけでなく漫画やゲームの世界においても神話世界が拡張され続けており、幻想・怪奇ものの1つのジャンルとしても定着しつつある。

     

     

    よくわからない人のために、クトゥルフ神話が現在まで辿ってきた歴史を図にまとめてみた。

    つまり「クトゥルフ神話」は、複数の人間が協力して作り上げた架空の世界というわけだ。なんとあの「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」も、クトゥルフ神話の影響を受けているらしい。

     

    ちなみに冒頭で引用したツイートで紹介されている「邪神」とは、“太古に地球を支配していたが現在は地上から姿を消している、強大な力を持つ異形のものども(旧支配者)”を指す。そしてラーメン二郎にそっくりだと話題になったのは、アニメにもなったライトノベル『這いよれ!ニャル子さん』の主人公・ニャル子のモデルにもなった「ニャルラトホテプ」という邪神である。作中には他にもたくさんの個性豊かな邪神が登場するので、是非チェックしてほしい。

    這いよれ!ニャル子さん
    著者:逢空万太
    発売日:2009年04月
    発行所:SBクリエイティブ
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784797354140

     

    知れば知るほど奥が深い「クトゥルフ神話」だが、本記事で触れたのは入口のほんの一部。その壮大な世界に足を踏み入れるときにお供にしたい本を紹介しておく。

    クトゥルフ神話超入門
    著者:新紀元社 朱鷺田祐介
    発売日:2012年12月
    発行所:新紀元社
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784775310779

    「最近、巷でよく見る「クトゥルフ神話」って、興味があるけれど、なんだろう」と思っている人に向けて書かれた「超入門書」。会話形式で、とにかく簡単に“ゆる~く”クトゥルフ神話を紹介する。

     

    ますます興味が湧いた方には、ニコニコ動画でもプレイ実況が人気を集めている「クトゥルフ神話TRPG」がおすすめ。クトゥルフ神話辞典としても大満足のボリュームだ。

    クトゥルフ神話TRPG
    著者:サンディ・ピーターセン リン・ウィリス 中山てい子 坂本雅之 大瀧啓裕
    発売日:2014年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:6,264円(税込)
    ISBNコード:9784047294646

    TRPG(テーブルトークRPG)とは
    紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲーム。ゲーム機などのコンピュータを使わないことから「テーブルトークRPG」としてコンピュータRPGと区別される。参加者はゲームマスター(1名)とプレイヤーに分かれ、プレイヤーたちはゲームの舞台となる世界において、プレイヤー・キャラクターの役割を演じながら、行動をゲームマスターに対して宣言し、戦闘や謎解きといった課題に挑戦する。これを繰り返しつつ互いに協力または競争しながらストーリーを紡ぎ出し、最終的な目標の達成を目指すことが、ゲームの目的となっている。

     

    ここまで読んだ方は、もうすっかりクトゥルフ神話に魅了されているはず。先述の『這いよれ!ニャル子さん』以外にもクトゥルフ神話に影響を受けた作品は多数あるので、ぜひどっぷりとその世界に浸ってみてほしい。

     

     

    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る