ファミマガ表紙

超懐かしい!ファミコン専門ゲーム誌「ファミマガ」が1号限りの復活!

2016年10月25日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

222か月ぶり!「ファミマガ」が1号限りの復活!!

1985年から1996年にかけて徳間書店から発売された世界初のファミコン専門ゲーム誌「ファミリーコンピュータMagazine」(通称:ファミマガ)が11月14日、222か月ぶりに1号限りの復活を果たします!

「ファミマガ」は、全盛期には100万部も発行されていた人気ゲーム誌。当時は他にも「ファミ通」「マル勝ファミコン」「ファミコン必勝本」などファミコン関連のゲーム誌が多数発売されていましたが、「ファミマガ」は任天堂との強固な繋がりによって情報が充実していたことや、「ウル技(ウルトラテクニック≒裏技)紹介コーナーにウソ技(ウソテク)を混ぜておいて読者に当てさせる」などの面白い企画が満載だったことで、当時のファミコンキッズたちから愛されていました。ちなみに私もファミマガ派で、ウソ技を本当だと信じて何度も騙されたものです(笑)。

そして、今回発売される「ファミマガ」の表紙はこちら。

ファミマガ

ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータMagazine
発売日:2016年11月
発行所:アンビット
価格:1,980円(税込)
ISBNコード:9784197104789

この感じ、超懐かしい!!! ファミコン世代には懐かしくてたまらない、昔の雰囲気そのままのデザインです。

今回の「ファミマガ」復活は、11月10日の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の発売を記念したもの。

ちなみに「ニンテンドークラシックミニ」には、「スーパーマリオブラザーズ」や「アイスクライマー」「アトランチスの謎」「イー・アル・カンフー」「エキサイトバイク」「バルーンファイト」「魔界村」といった懐かしいファミコン用ソフトが30タイトルも収録されていて、しかも価格は5980円(税別)と超お手頃です。

この発売にあわせて「ファミマガ」を復活させるとは、本当に素晴らしい企画だと思います。

 

「ファミマガ」復活号の内容は?

11月14日に発売される「ファミマガ」は、誌面の雰囲気は当時のままに、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の収録ソフトを紹介する内容となっています。制作には金田一技彦さんなど当時のスタッフも参加しており、人気コーナー「超ウルトラ技50+1」「ディスくんのマンガトピックス」なども掲載されます。

そして注目したいのが、付録のDVD-ROM! 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に収録されている30本のゲームの、当時の「ファミマガ」紹介記事がPDF形式でまとめられています。収録ページ数はなんと1,000ページ超え!! さらにおまけで『スーパーマリオブラザーズ完全攻略本』も入っています。

このボリュームなら、税込1,980円と若干お高めの価格も納得です。「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を買った方は、ぜひ併せて購入しましょう!

【関連記事】
「ファミコン通信」が限定復活!高橋名人・毛利名人のスペシャル対談も

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る