civicj_cover_top

身近なことから始められる市民主体の活動「シビックエコノミー」を知るイベント開催【11/10・東京】

2016年10月25日
楽しむ
amu
Pocket

恵比寿にあるイベントスペース「amu(あむ)」では、デザインや編集など様々なアプローチで「自分の生き方を編集する」ための各種トークイベントやワークショップを開催しています。

11月10日(木)、「シビックエコノミー」に関するトークイベントが行われます。

 

シビックエコノミーとは?

今、国や行政ではなく、私たち「市民」が主体になった活動が世界各地で展開しています。「社会的活動」や「地方創生」などのワードにくくられがちですが、これを「新しい循環をつくる活動」ととらえると、もっと私たちの身近なこととして考えることができます。

地域のハブをつくり、孤食を避ける。リノベーションで空き家問題を解消する。市民出資でエネルギーの事業を行う。地域の人と素材でものづくりをする。すべて、社会の「こうなったらいいのに」を、具体的に小さな経済圏をつくり、まわし、育てることで、かなえようとしています。

こうした「シビックエコノミー」の活動について、amuでは『日本のシビックエコノミー』(フィルムアート社、2016年2月刊)編者の紫牟田伸子さんを中心に、各回で実際に活動されている方をゲストに招き、「シビックエコノミー」の特性と可能性を探るイベントを開催しています。

日本のシビックエコノミー
著者:紫牟田伸子 フィルムアート社
発売日:2016年02月
発行所:フィルムアート社
価格:2,160円(税込)
ISBNコード:9784845915675

前回のイベントでは、amuのスタッフによる紫牟田さんへのインタビューによって、「シビックエコノミーとは何か?」を探りながら、概略の紹介が行われました。

2回目となる今回は、前半で『日本のシビックエコノミー』を担当した編集者・二橋彩乃さんが、紫牟田さんと制作の裏側を振り返ることで「“日本におけるシビックエコノミー”とは何か?」を考えます。また後半では、シビックエコノミーを考えるうえで重要なテーマである「福祉」とのユニークな関わり方や、多様な人を受け入れる場づくりにおいて豊富な経験を持つ2人のゲストを招き、

・福祉とは何か? どう捉えているのか?
・多様な人を受け入れるとは、どういうことか?
・そもそも場や、まちをつくるとは、どういうことか?
・私たちは、身近なことから、どう関わっていけるのか?

など、福祉をテーマに、具体的なトークが展開される予定です。

【ゲスト】
鈴木一郎太さん(㈱大と小とレフ 取締役)
上田假奈代さん(詩人・詩業家、ココルーム代表)
紫牟田伸子さん(編集家、プロジェクトエディター、デザインプロデューサー)

【聞き手】
二橋彩乃さん(フィルムアート社 副編集長)

 

イベント概要

身近なことからはじめられる「シビックエコノミー」vol.2
――いま、福祉が一番クリエイティブ?!

日時:
2016年11月10日(木)19:00~21:30

プログラム:
18:30 開場
19:00 スタート
紫牟田伸子さん×二橋彩乃さん
「『日本のシビックエコノミー』を作りながら考えたこと」
鈴木一郎太さんご活動紹介
上田假奈代さんご活動紹介
20:25 紫牟田伸子さん、鈴木一郎太さん、上田假奈代さんによる鼎談
「いま、福祉が一番クリエイティブ?!」
21:30 終了

会場:
amu(東京都渋谷区恵比寿西1-17-2)【MAP

定員:
40名

参加費:
2,000円(ワンドリンク・お菓子付き)

申込方法:
Peatixにて事前予約を受け付け中です。
http://peatix.com/event/207132

お問い合わせ:
メールアドレス info@a-m-u.jpまでお問い合わせください。

イベントサイトURL:
http://www.a-m-u.jp/event/201611_civiceconomyjapan_2.html

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る