• 川村元気 四月になれば彼女は

    「君の名は。」の新海誠監督推薦!川村元気2年ぶりの小説が11月4日発売

    2016年10月21日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    『世界から猫が消えたなら』などで知られる川村元気さんの最新小説『四月になれば彼女は』が、11月4日、文藝春秋より発売されます。

    川村元気さんの小説が刊行されるのは、2014年の『億男』以来2年ぶり。『億男』では3,000万円の借金を抱えた男がある日突然3億円を手にするところから、お金を通して「幸せとは何か」が描かれましたが、今回の『四月になれば彼女は』は「恋」がテーマです。

    四月になれば彼女は
    著者:川村元気
    発売日:2016年11月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784163905532

    〈ストーリー〉
    4月、はじめて付き合った彼女から手紙が届いた。そのとき僕は結婚を決めていた。愛しているのかわからない人と。天空の鏡・ウユニ塩湖にある塩のホテルで書かれたそれには、恋の瑞々しいはじまりとともに、二人が付き合っていた頃の記憶が綴られていた。ある事件をきっかけに別れてしまった彼女は、なぜ今になって手紙を書いてきたのか。時を同じくして、1年後に結婚をひかえている婚約者、彼女の妹、職場の同僚の恋模様にも劇的な変化がおとずれる。愛している、愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。けれどなぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去っていってしまうのか――。失った恋に翻弄される12カ月がはじまる。

    大ヒット映画「君の名は。」だけでなく、過去作でもさまざまな恋愛を描いてきたアニメーション監督の新海誠さんは、『四月になれば彼女は』を読んだ感想を次のように語っています。

    音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。

    稀代のヒットメーカーである川村元気さんが、本作に込めたメッセージとは何なのか? 全貌は11月4日の発売を待ちましょう。

    なお『四月になれば彼女は』特設サイトでは現在、川村元気さんからのメッセージを公開中。また11月1日には、他の著名人からのコメントも公開されるとのことです。

    〉『四月になれば彼女は』特設サイト
    http://hon.bunshun.jp/sp/4gatsu

     

    川村元気さんのおすすめ関連記事

    川村元気『四月になれば彼女は』創作秘話「恋愛小説を書こうと思ったら、周りの人が誰も恋愛していなかった」
    川村元気さん流「本屋の歩き方」お気に入りは、有楽町のあの本屋さん

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る