何者 朝井リョウ

今週公開の映画「何者」「GANTZ:O」「永い言い訳」「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」「彼岸島 デラックス」「機動戦士パトレイバーREBOOT」

2016年10月14日
楽しむ
ほんのひきだし編集部
Pocket

♦♦♦ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめてご紹介しています ♦♦♦

 

10月14日公開「GANTZ:O」

原作『GANTZ』でも人気の高い〈大阪編〉がフル3DCGで劇場版アニメ化!

累計発行部数2,100万部。死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットコミック「GANTZ」。
その中でも特に人気を誇る「大阪編」がフル3DCGアニメーションで再始動する。
総監督には一世を風靡した『TIGER & BUNNY』の監督さとうけいいちが、監督には日本初フル3DCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が担当。
脚本には『ONE PIECE FILM GOLD』等のアニメだけでなく『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品で緻密でシリアスな傑作を手がけた黒岩勉が壮絶な戦い、そして個性溢れるキャラクターたちを描く。アニメーション制作は、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当し実写・アニメーションのジャンルを問わず数々の大ヒット作を生み出すデジタル・フロンティア。

映画「GANTZ:O」公式サイトより)

原作はこちら(第19巻222話~第26巻281話が原作にあたります)

GANTZ 19
著者:奥浩哉
発売日:2006年06月
発行所:集英社
価格:637円(税込)
ISBNコード:9784088770697

 

10月14日公開「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」

アーネスト・ヘミングウェイやスコット・F・フィッツジェラルドを見出した実在の名編集者と、彼を信じ処女作で一躍ベストセラー作家となった男の友情を描いた物語。

〈あらすじ〉
ある日、編集者パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。パーキンズは家庭を犠牲にし、ウルフの愛人アリーンはふたりの関係に嫉妬し胸を焦がす。やがて第二作は完成し、またも大ヒット。その一方で、ウルフはパーキンズ無しでは作品を書けないという悪評に怒り、二人の関係に暗雲が立ち込める。果たして、立場を超えて生まれた二人の友情の行く末はー?

映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」公式サイトより)

原作はこちら(上下巻で発売中)

名編集者パーキンズ 上巻
著者:A.スコット・バーグ 鈴木主税
発売日:2015年06月
発行所:草思社
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784794221322
1 2 3
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る