chinenmikito-02

知念実希人さんの仕事場訪問:『仮面病棟』『天久鷹央の推理カルテ』などヒットが続くミステリ作家の仕事場は、なんと49階!

2016年10月08日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当
Pocket

chinenmikito-01

ここは六本木ヒルズにある会員制の「六本木ライブラリー」。朝9時から午後4時頃まで、週に5日は執筆に利用する。『天久鷹央の推理カルテ』や『仮面病棟』と続編『時限病棟』などヒットが続く知念実希人さん。執筆予定が目白押しで「書きながら考えていると締切に間に合わない」ため、夕方から夜にかけては、散歩をしたり、場所を移してストーリーを考える時間。元々映画好きなこともあって、執筆は「前日までに頭の中で出来上がっている映像を書き写している感じ」だそう。

最新刊『あなたのための誘拐』は著者初の警察&誘拐ミステリー。女子中学生を誘拐した〈ゲームマスター〉が仕掛けた“ゲーム”に敗れ、被害者を死なせてしまった元刑事の上原真悟。それから四年、再び〈ゲームマスター〉を名乗る誘拐犯が現われ、全てを失った真悟に身代金を運ぶよう要求するが――。

読者を驚かす、新しい誘拐ものがコンセプトで、複雑な伏線と疾走感あふれる展開など著者の持ち味がたっぷり。衝撃のラストまで翻弄されること必至の本格ミステリーだ。

あなたのための誘拐
著者:知念実希人
発売日:2016年09月
発行所:祥伝社
価格:1,998円(税込)
ISBNコード:9784396635053

49階の大きな窓からは、東京を一望することができる。静かなのはもちろん、「目が疲れやすいので遠くを眺められる」こともこのライブラリーの利点。「読者を小説の中に引きこむ手段のひとつがリアリティ」。医療ミステリーでは現役の医師としての見識が、今作のアクションシーンでは週3回通う総合格闘技のジムでの鍛錬が生かされている。丹念な取材を含め「身をもって体験したもの」が込められたシチュエーションやトリックの巧みさが知念作品の読みどころの一つだ。

%e6%89%8b%e5%b8%b3

小説を書き始めたときから使っているシステム手帳はかなりの厚さ。作品別のインデックスが設けられ、登場人物の設定やストーリー、トリックなど小説のあらゆるネタが書きこまれている。「思いついたら書く」ため、肌身離さず持ち歩いている必需品だ。

撮影協力:アカデミーヒルズ 六本木ライブラリー
六本木ヒルズ森タワー49階 開館時間 7:00~24:00(最終入館23:00)
http://www.academyhills.com/library/index.html


chinenmikito-02

知念実希人 Mikito Chinen
1978年、沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。翌年受賞作を改題した『誰がための刃 レゾンデートル』でデビュー。現役医師の知見を活かした医療ミステリーで人気を集める。著書に『天久鷹央の推理カルテ』シリーズ、『白銀の逃亡者』など多数。40万部のヒット作となった『仮面病棟』の続編『時限病棟』も発売されたばかり。

仮面病棟
著者:知念実希人
発売日:2014年12月
発行所:実業之日本社
価格:640円(税込)
ISBNコード:9784408551999
時限病棟
著者:知念実希人
発売日:2016年10月
発行所:実業之日本社
価格:640円(税込)
ISBNコード:9784408553160
天久鷹央の推理カルテ
著者:知念実希人
発売日:2014年10月
発行所:新潮社
価格:594円(税込)
ISBNコード:9784101800103

(「新刊展望」2016年11月号「創作の現場」より転載)

common_banner_tenbo

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る