• あたらしい創作絵本大賞受賞作『カゼオニしようぜ』を10月28日より未来屋書店で限定販売

    2016年10月28日
    楽しむ
    日販 特販支社 江添
    Pocket

    梅花女子大学(大阪府茨木市)が主催し未来屋書店が協賛する「あたらしい創作絵本大賞」。

    第7回大賞に選ばれた西岡秀樹さんの『カゼオニしようぜ』がこの度ひかりのくにから出版され、全国の未来屋書店限定で10月28日より発売されます(価格:税抜1,280円)。

    %e3%82%ab%e3%82%bc%e3%82%aa%e3%83%8b2

    「あたらしい創作絵本大賞」は、「こども」をテーマにプロ・アマ、国籍問わず広く募集されるもの。「せとうちたいこさん」シリーズで知られる長野ヒデ子さんや、「ワニくん」シリーズのみやざきひろかずさん、『あの日、ブルームーンに。』をはじめ数々の作品を手掛ける児童文学作家の宮下恵茉さんなど、現役で活躍している作家陣がプロの目で審査を行います。今回は応募作品の中から、大賞1作、優秀賞1作、佳作5作が選ばれました。

    今回大賞に選ばれた『カゼオニしようぜ』は、足が遅く、オニごっこが嫌いな「ソウタ」という男の子を主人公とした物語です。

    〈あらすじ〉
    足が遅く、オニごっこが嫌いなソウタという男の子は、公園でブランコをこいでいます。
    男の子が目をつむると、頭の中の世界は、鬼の子どもたちのいる町です。
    そこで一緒にオニごっこをします。オニになったソウタは、ビューーンと風のようなスピードで、鬼の子どもたちをどんどん捕まえていきます。
    最後に残るは、鬼の中で最も走るのが速いオウジ。
    はたしてソウタは捕まえることができるのか?!

    空想の世界で、オニごっこをするという爽快な絵本です。

    %e3%82%ab%e3%82%bc%e3%82%aa%e3%83%8b1

    あたらしい創作絵本大賞

    主催:梅花女子大学
    共催・運営・事務局:アミーニ、梅花女子大学 児童文学科こども学科同窓会
    協賛:株式会社未来屋書店

    http://www.baika.ac.jp/~ehoncenter/contest.htm

    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る