• 〈インタビュー〉黒野伸一さん『経済特区自由村』エコを問うエンタメ経済小説

    2015年06月05日
    楽しむ
    作成者:日販 商品情報センター「新刊展望」編集部
    Pocket

    〈黒野伸一さんの『経済特区自由村』文庫版がこのほど発売されました。単行本刊行時(2013年7月)のインタビューをお届けします。〉

    「地域活性化エンターテインメント」ともいうべき痛快な農村再生物語『限界集落株式会社』で多くの読者を得た黒野伸一さん。『経済特区自由村』では「エコロジー」「脱マネー」をテーマに掲げた。『限界集落─』に勝るリアリティ、ミステリー要素にも彩られた、エキサイティングなエンタメ系経済小説である。

    経済特区自由村
    著者:黒野伸一
    発売日:2015年06月
    発行所:徳間書店
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784198939793

    会社をリストラされ、大手外食産業ヘルシー☆ファストニッポンが提携するブロイラー養鶏場のオーナーとなった鈴木明男。だがその実態は、隷属下請け業者だった。設備投資のための借金、劣悪な環境、鶏を工業製品のように扱う現場。キレた明男は、ファストニッポンの営業マンに暴力を振るってしまう。殺人の罪に怯え、逃亡した先にたどり着いたのは、人里離れた山奥の神山田村。親切な老婆・こなたに助けられ、村で暮らし始めた明男は、FEE=フリーエコノミー&エコロジーなる団体の存在を知る。脱マネーと自給自足を提唱するコミュニティである。若きカリスマ民人が率いるFEEの目的はどこにあるのか。そして、民人の正体とは─。

    格闘家の岬洋子、村の知恵袋こなたばあちゃん、不登校の高校生・雅と彼女の義母、民人の取り巻きたち、各々の理由で神山田村に移住してきた人々。個性豊かな登場人物たちの「エコをめぐる群像劇」でもある。

    「エコロジーは以前から書きたかったテーマです。特に震災以降、エコは脱原発とともに声高に叫ばれるようになった。では、真のエコとは何なのか。専門書も読んで自分なりに考えてみました。一言でエコといっても範囲は広い。さまざまな段階があり、人によってそれぞれのエコがあるんですね。たとえば、玄米や有機野菜を食べてヨガやピラティスをすることが果たしてエコですか。あるいは、二酸化炭素排出権取引のどこがエコでしょうか。そんな矛盾も見えてきて、これを総括して小説にしてみようと思ったんです」

    FEEのリーダー・民人はエコ原理主義者。モデルは、フリーエコノミストのマーク・ボイルだという。『ぼくはお金を使わずに生きることにした』を著したイギリスの活動家である。

    真のエコとは─ その問いへの答えは、神山田村の物語を見届けた読者に委ねられることとなる。

    「エコは良いこと。けれどもそのレベルは各人で考えましょう。それが結論だと思います。民人のように自給自足を徹底したい人は、それでもいい。ただ、それを人に強制するとおかしくなります。自分なりのエコを少しずつ考えてみる。この物語がその一助になればうれしく思います」

    経済小説だからと構える必要はない。老若男女が肩ひじ張らず愉しめる一冊だ。実は、タイトルにも遊び心が潜んでいる。「アベノミクスが言うところの経済特区は、規制緩和や法人税の優遇措置で投資を促進するもの。そんなマネー推奨の話かと思いきや、“脱マネー”なんですよね(笑)」


    kurono_shinnichi01

    黒野伸一
    1959年神奈川県生まれ。2006年、『坂本ミキ、14歳。』(『ア・ハッピーファミリー』を文庫化時に改題)で第1回きらら文学賞を受賞し、作家デビュー。2011年刊行の『限界集落株式会社』がNHKドラマ化され、話題になった。著書に『長生き競争!』『極貧!セブンティーン』『格闘女子』『脱・限界集落株式会社』『となりの革命農家』などがある。


    (「新刊展望」2013年9月号「著者とその本」より)
    common_banner_tenbo

    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る