• 〈書評〉“お仕事小説”に見る人間ドラマ  文・三橋 曉

    2015年06月09日
    楽しむ
    作成者:日販 商品情報センター「新刊展望」編集部
    Pocket

    今月は、まずユニークな“お仕事小説”を2つ。

     

    フィッターという職業は、着付けのプロやスタイリストのことだが、蛭田亜紗子の『フィッターXの異常な愛情』で主人公の広告代理店に勤める颯子が飛び込んだランジェリー専門店のフィッター伊佐治は、なんと男子だった。不躾な視線に怯むやら、恥ずかしいやらで動揺するが、伊佐治の選んだブラはまるで彼女のために誂えたかのようだった。その心地よさに背中を押され、厄介に思えていた仕事も嘘のようにうまく運んでいく。

    8話からなるオムニバスは、フィッターという仕事の奥深さを覗かせながら、今どきの働く女子を応援するラブ・コメのテイストもあるが、最終話に待ち受ける怒濤の展開が、全体をキリリと引き締めている。作者は〈女による女のためのR-18文学賞〉出身で、5年前のデビュー作『自縄自縛の私』以来のちょっと淫靡でさりげないエロティシズムにも、さらに磨きがかかっている。

    フィッターXの異常な愛情
    著者:蛭田亜紗子
    発売日:2015年04月
    発行所:小学館
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784093864091

     

    紺野仲右ヱ門という少し変わったペンネームの夫婦合作チームによる第六回〈日経小説大賞〉受賞作『女たちの審判』は、誘拐殺人の罪を犯した囚人をめぐる物語だが、物語の主役は獄中で死刑囚と関わる刑務官たちである。拘置所という閉ざされた世界の内側と、厳格さを要求されるそこでの勤務の内容をリアルに紹介しながら、外部との便宜を図る違法なハト行為や、囚人との間に芽生える友情など、そこに生まれる人間ドラマを緊張感たっぷりに描いていく。

    事件発生から公判、刑の執行、さらにその後日にいたるまで、20年という歳月の中にいくつものドラマが浮かび上がるが、最後はある判事の下した極刑の判決とその波紋というシリアスな問題に読者を向き合わせる。題材の重さに寄りかかることなく、行き交う女性たちの中にさらりとその核心を浮かび上がらせる軽やかな手腕が印象に残る。

    女たちの審判
    著者:紺野仲右ヱ門
    発売日:2015年02月
    発行所:日本経済新聞出版社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784532171322

     

    芸能界との繋がりやコラムニストの仕事など、主人公に投影された自伝的要素や、オイルショックや映画界の斜陽といった70年代前半のネガティブな世相を映し出すなど、小林信彦の『つなわたり』は、いかにもこの作者らしい作品だが、次第に明らかになっていく主題には意表を突かれる。描かれるのは、40代の中年男をめぐる性と恋愛の苦悩である。

    映画会社に勤める友人の奨めで、癖の強い脚本家を手伝うことになったわたしだが、仕事は遅々として進まない。そんな折り、憎からず思う女性との再会が、彼の心に胸騒ぎと動揺をもたらす。惑わずの年代にありながら、女性との関係に困惑をつのらせる主人公のわたしの姿には、作者流の私小説の雰囲気がたちこめる。中年男を主人公にした「ヰタ・セクスアリス」という稀有なる小説の誕生といっていいだろう。

    つなわたり
    著者:小林信彦
    発売日:2015年03月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784163902210

     

    この地から発せられる映画作品の人懐こさも手伝ってか、かつて占領下にあったという過去を背負いながらも、親近感という点で東アジアの近隣の中でも随一とも思える台湾。東山彰良の『流』は、国民的英雄蒋介石とほぼ時を同じくして世を去った祖父の死という事件に、17歳の主人公少年が取り憑かれる。時が流れ、世相が移り変わっていく中で、台湾の変遷とともに、彼の成長していく姿が描かれていく。

    料理に喩えるならば、血の繋がらない叔父もいる主人公一族の複雑な人間模様が家族小説の濃い出汁となって効いている。主人公の前途に待ち受ける友との腐れ縁や思いがけない再会、また運命的な恋愛等の豪華付け合わせや、共産軍からの敗走に始まる台湾の波瀾の歴史も垣間見えるスパイシーな味付けも十分だ。『ブラックライダー』で読者を小説世界の極北へと連れ去った作者の原点回帰がもたらした新たな傑作といいたい。

    著者:東山彰良
    発売日:2015年05月
    発行所:講談社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784062194853

    (「新刊展望」2015年6月号 「おもしろ本スクランブル」より転載)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る