「盲目のヨシノリ先生」原作本が放送を前に売れている!加藤シゲアキ主演ドラマは8/27(土)放送

2016年08月23日
楽しむ
日販 仕入部 齋藤(児童書担当)
Pocket

すっかり夏の風物詩となった日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」。林家たい平さんが今年のランナーをつとめるチャリティーマラソンに加えて、毎年の目玉となっているのがスペシャルドラマです。

今年のタイトルは、「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」。主人公の新井淑則役をNEWSの加藤シゲアキさん、彼を支える妻・真弓さん役を沢尻エリカさんが演じます。そしてドラマ放送を前に、原作本『光を失って心が見えた~全盲先生のメッセージ~』が今、売れています。

光を失って心が見えた
著者:新井淑則
発売日:2015年11月
発行所:金の星社
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784323060903

moumokunoyoshinorisensei

 

原作本をちょっと覗いてみよう

『光を失って心が見えた~全盲先生のメッセージ~』は、現役の中学校教師である新井淑則さんが、自らの半生を書いたノンフィクションです。

大学卒業後、幼い頃からの夢だった中学校の国語教師になった新井さん。同じ学校で音楽を教える真弓さんとの出会いと子どもの誕生、サッカー部顧問としての活動など公私ともに充実した生活を送っていましたが、ある日右目に「網膜剥離」を発症してしまいます。網膜剥離は、神経網膜が剥がれて視細胞への栄養供給が行われなくなることによって、視力が落ちてしまう病気。新井さんは28歳の頃から手術・入院を含め治療を繰り返しますが、その甲斐なく右目を失明。その後中学校から異動してしばらくは特別支援学校で教えますが、34歳の時、残った左目の視力も失ってしまいます。

絶望に打ちひしがれる新井さん。しかし妻・真弓さんの行動をきっかけに再び中学校で国語を教えるべく努力を重ね、46歳の時、ついに中学校教師への復帰を果たします――。

 

「世界一受けたい授業」に出演 ヨシノリ先生が今、望むこと

スペシャルドラマ放送を控え、8月20日(土)には日本テレビ「世界一受けたい授業」に新井さんご本人が先生として登場しました。目が見えなくても大丈夫だと理解してもらうために披露した「りんごの皮むき」、視力を失って“音から得られる情報”に敏感になったことから力を入れるようになったという朗読、盲目の琵琶法師が語り継いだ「平家物語」を、自分も琵琶を練習して生徒たちに披露する姿…… いずれも出演者・視聴者の胸を打ちました。

番組の最後に新井さんが語ったのは、「盲目だからという理由で私を取り上げることが、価値のない社会に早くなってほしい」というもの。これをきっかけに障害や社会について、今一度考えてみてはいかがでしょうか。またリハビリ中に新井さんを支えた言葉「できないことより、できることを数えなさい」は、どんな人にも通じるものだと思います。

 

「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた」番組情報

24時間テレビドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」は、8月27日(土)21:00頃放送です。

Cast
新井淑則/加藤シゲアキ
新井真弓/沢尻エリカ
青井修平/小泉孝太郎
緒ノ崎快/小瀧望(ジャニーズWEST)
宮城道雄/若林正恭
大澤町長/中村梅雀
弓子  /風吹ジュン
新井則安/橋爪功

詳しくはこちら
http://www.ntv.co.jp/24h/drama2016/index.html


●おすすめ関連記事

今年はHey! Say! JUMP山田涼介主演「母さん、俺は大丈夫」ー24時間テレビが扱ってきたノンフィクションー

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る