• 長寿雑誌と異端児編集長 文・「OHM」編集長 原正美

    2016年08月12日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    「どこの誰だか分からないような女をOHMの編集長にして、大丈夫なのか?」

    私が編集長になった時、おそらくそのような台詞が囁かれていたと思います。それも当然のことで、社歴たった8年弱の、編集長経験があるわけでも、電気工学科を出たわけでもない私が、100年以上続いているオーム社の看板雑誌OHMの編集長になるなど、誰も予想していなかったでしょう。

    今でも「オーム社の上層部に親族でもいるんですか?」とコネ就任を疑われることがあり(苦笑)、そんな時は、「工業大学の附属高校を出て、大学では画像技術を学んでいました」と、理工系出身という外面を強調して何とか納得して貰うわけですが、私は、これは運命、先祖の導きに違いないと思っています。その理由は私の曾祖父にあります。

    曾祖父は明治から昭和期に、オーム社がある東京・神田の地で出版社を経営していました。教科書や参考書を中心に作っていましたが、一時期、大学の研究室からスタートした哲学の専門誌を発行していました。分野は違えどOHMも大学発の専門誌。どのような思いで曾祖父が編集業務をしていたのか知る由もありませんが、編集者、時には著者、そして経営者として曾祖父が奮闘した神田で、私が長寿雑誌の編集長を務めていることに、時空を超えたつながりを感じています。

    OHMは、扇本眞吉と共に電機学校(現・東京電機大学)を創立した廣田精一(オーム社創業者)が、学校の付帯事業として電気技術者の教育・育成を目的に1914年に創刊しました。電気工学の専門誌として永年親しまれ、「OHMと言えば電気、それも強電だよね」と言われることが多いですが、2003年に電気雑誌から現在の技術総合誌へと変更し、電力システムやエネルギー政策、環境問題、新エネ・省エネ、情報通信、ナノテク・材料、輸送交通技術など幅広く取り上げています。

    しばしば「OHMは学術誌と商業誌の中間の雑誌」と比喩されますが、これは信頼の証であると良い意味で捉えています。著者から「歴史あるOHMだから原稿を書きましょう」「OHMに寄稿したことが後押しとなり、賞を貰うことが出来ました」といったコメントを頂くと、とても嬉しいですし、廣田をはじめ十数人に及ぶ歴代編集長が積み上げてきた礎があるからこそだと思っています。

    これまで沢山の方々にご執筆、ご登場頂いていますが、創刊102年目となる今年は、団体・企業のトップに自身の半生を振り返り、現職を選んだ理由や仕事に対する思いなどについて綴って頂くエッセイを1月号から連載しています。組織のトップが自ら筆をとることへの驚きと共に、「人それぞれの歩みがあり、その人にしか経験できないことがあるんだな、と改めて思う」など、読者、関係者から様々な感想を頂いています。

    現在、編集部で特に力を入れているのが、電気主任技術者と技術士の資格取得を目指している方向けの学習記事です。電気主任技術者試験の解答解説は創刊当時から今日まで継続して掲載しており、これを目当てにOHMを購入される方も少なくありません。なお、OHMのこれまでの歴史についてご興味のある方は、2014年11月号の100周年記念号をお読み頂ければと思います。

    OHM (オーム) 2014年 11月号
    著者:
    発売日:2014年11月05日
    発行所:オーム社
    価格:2,160円(税込)
    JANコード:4910021211148

    「どこの誰だか分からなかった編集長も、なかなかやるね」といつか言って頂けるよう、異端児の感性で、技術者に寄り添う専門誌ならではの情報をお届け出来るように頑張ります。


    オーム社「OHM」編集長
    原正美―HARA Masami

    1965年神奈川県生まれ。デザイナーとして広告代理店勤務後、電気関係団体、食品、医学系出版社での編集経験を経て、2007年オーム社入社。2015年より現職。


    「OHM(オーム)」
    電気・エネルギー・環境に関する最新技術動向、電気関連法規、資格試験(第一・二種電気主任技術者、技術士)学習記事を掲載している雑誌。8月5日に発売された8月号では高電圧技術を特集し、「電気事業低炭素社会協議会」の設立に関する特設ページも掲載されている。

    OHM (オーム) 2016年 08月号
    著者:
    発売日:2016年08月05日
    発行所:オーム社
    価格:1,650円(税込)
    JANコード:4910021210868

    (「日販通信」2016年8月号「編集長雑記」より転載)

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る