“怪獣マニア”大倉崇裕さんの仕事場訪問!最新刊は、スーツアクターが特撮現場の謎を解く青春お仕事ミステリー

2016年08月10日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当 
Pocket

「福家警部補」などの人気シリーズで知られるミステリー作家・大倉崇裕さんは、気づいた時には「怪獣が三度の飯より好きだった」という筋金入りのマニアでもある。

好きな怪獣映画はDVDのハードディスクに録画し、観たい時にパッと見られる状態に。映像ソフトやプラモデル、フィギュアなどの怪獣グッズは、近くにある実家の一室に集めてある。「中学・高校の頃は、映画はレンタルビデオを借りて観るしかなかったので、手に入るならとつい買ってしまいますね」

最新作『スーツアクター探偵の事件簿』は、スーツアクターの凸凹コンビが撮影所で起こる事件を解決していく連作短編集。大きく重い怪獣の着ぐるみを身に纏い、高いレベルの芝居を求められる彼らは、いわば縁の下の力持ち。そのプライドや挫折、葛藤を通して、「スーツアクターという仕事の実体と魅力が描ければいいなと」。怪獣映画を観つくしてきた大倉さんの、特撮へのオマージュと愛が込められた本作。謎解きのおもしろさはもちろん、読めばきっと怪獣映画が観たくなる。

スーツアクター探偵の事件簿
著者:大倉崇裕
発売日:2016年06月
発行所:河出書房新社
価格:1,836円(税込)
ISBNコード:9784309024752

大倉さん仕事場

机は大倉さんのお父様が亡くなるまで愛用していたもので、使いこまれた味わいがある。「いつ買ったのかはわからないけれど、50年くらいは経つんじゃないかな。ひきだしの中はオヤジが使っていたままなので、15年くらい前の切手なんかも入っています」。現在1歳8か月の長男が生まれてからは、「子ども中心の生活」。仕事の合間に掃除や保育園のお迎えなどをこなしながらも、「プラモデルは毎日必ず作ります」。ミニチュアワークは大倉さんが最も心惹かれる、特撮の醍醐味でもある。

大倉さん_小物

時計は、新人賞を受賞した際、通っていた小説講座の仲間がお祝いにくれたもの。手前は大好きなクリント・イーストウッドが市長を務めたカーメルを訪れた際に見つけた「ウルトラマンみたい」なペン。仕事机とあわせた3つが大倉さんの「三種の神器」。


大倉さん

大倉崇裕 Takahiro Okura
1968年京都府生まれ。学習院大学法学部卒業。1997年「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞佳作、1998年「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。著作に『七度狐』『白戸修の事件簿』『オチケン!』『ペンギンを愛した容疑者』『GEEKSTER』、TVドラマ化された「福家警部補」シリーズなど多数。

オチケン!
著者:大倉崇裕
発売日:2011年12月
発行所:PHP研究所
価格:700円(税込)
ISBNコード:9784569677545
ペンギンを愛した容疑者
著者:大倉崇裕
発売日:2015年11月
発行所:講談社
価格:1,674円(税込)
ISBNコード:9784062197861
福家警部補の再訪
著者:大倉崇裕
発売日:2013年07月
発行所:東京創元社
価格:886円(税込)
ISBNコード:9784488470067

(「新刊展望」2016年8月号「創作の現場」より転載)

common_banner_tenbo

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る