ペリリュー0007

ちばてつや超推薦!戦死者1万人以上の激戦・ペリリューの戦いを『さよならタマちゃん』武田一義が描く『ペリリュー -楽園のゲルニカ-』1巻が発売

2016年07月29日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

『さよならタマちゃん』の武田一義さんが戦争を描いた『ペリリュー -楽園のゲルニカ-』

『さよならタマちゃん』で精巣腫瘍を患った自らの闘病記を、『おやこっこ』では絶縁状態だった父と子の関係を描いた武田一義さんが、太平洋戦争の中でも最も凄惨だったとされる「ペリリュー島の戦い」を描いた『ペリリュー -楽園のゲルニカ-』の単行本第1巻が、7月29日(金)に発売されました。

ペリリューー楽園のゲルニカー 1
著者:武田一義 平塚柾緒
発売日:2016年07月
発行所:白泉社
価格:648円(税込)
ISBNコード:9784592141877

発売に寄せて、『あしたのジョー』で知られるちばてつやさんも「世界中の人々に読んで貰いたいマンガだ。」と絶賛しています。「ペリリュー」ちばてつやコメント帯

現在はダイビングスポットとしても知られる、パラオ諸島南部の美しい小さな島・ペリリュー島。太平洋戦争というとガダルカナル島の戦いや硫黄島の戦いを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ペリリュー島も激戦地の一つとして知られています。2015年4月には、天皇皇后両陛下が戦没者慰霊のために公式訪問も行いました。

ペリリュー島の戦いでの日本軍の戦死者は約1万人、アメリカ軍にも多数の戦傷者・戦死者を出しました。漫画『ペリリュー -楽園のゲルニカ-』では、小さな島で起こったとは思えないほど膨大な数の犠牲を出した、2か月半以上にもわたる激戦が描かれています。

 

『ペリリュー -楽園のゲルニカ-』の内容は?

『ペリリュー -楽園のゲルニカ-』は、白泉社「ヤングアニマル」で連載中の作品です。主人公は、漫画家志望の兵士・田丸。出兵しているとはいえ、サンゴ礁の海に囲まれた美しい南国の島で毎日洞窟堀りの作業ばかりしている田丸には、緊張感など欠片もありません。帰国したら描こうと思っている冒険漫画のことばかりをボーッと考えては、上官に殴られたりしています。

ペリリュー0002

1 2 3
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る