• 私の少年

    年の離れた美少年にハマる人続出!『私の少年』が20代女性を中心に大ブレイク

    2016年08月09日
    楽しむ
    日販 販売企画部 F
    Pocket

    30歳OL×12歳少年の、まだ“名前の無い”関係が話題に

    家族、恋人、友人、同僚……私たちが誰かと関わりを持つ時、多くの場合、その関係に名前を付けることができます。でもこの漫画に登場する聡子と真修の関係は、恐らくまだ、そのどれにも当てはまりません。

    30歳のOLと、12歳の少年。親子ほど年の離れた男女が、立場や年齢差を超えて心を通わせていく。二人の関係は言葉の代わりに、お互いへ向ける表情や仕草の描写によって表現され、物語の中に浮かび上がります。

    今回は連載開始直後から「漫画史上最も美しい第1話」と絶賛され、pixivコミックに掲載されるやいなや圧倒的な閲覧数と「いいね」を獲得した話題の漫画『私の少年』をご紹介します。

    私の少年 1
    著者:高野ひと深
    発売日:2016年06月
    発行所:双葉社
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784575848106

    多和田聡子は会社の帰路、夜の公園で美しい少年・早見真修と出会った。
    会社の上司であり、元恋人でもある椎川文貴の言動に翻弄され、傷つく聡子をなぐさめる真修。しかしその真修もまた、家族に問題を抱えており、放っておけない聡子は、真修を気にかけていく――。
    年齢差や立場の違いを超えて、孤独を抱える二人は互いに心を通わせていく。
    聡子に芽生えた感情は、母性なのか、それとも――?

    高野ひと深『私の少年』特設サイトより)

     

    その魅力にハマるおねえさんが続出――美しい少年・早見真修とは

    『私の少年』がブレイクしている理由の一つが、美しい少年・真修の存在。少年から大人へと成長しようとしている真修が、時に小学生らしく無邪気に、時に驚くほど大人びた表情や仕草を見せて、聡子だけでなく私たち読者の心を激しく揺さぶります。

    『私の少年』は、「膝の上に美しい少年がいる」という聡子のモノローグと、その膝の上で眠る真修の物憂げな表情から始まります。対する聡子も「息をしてるあいだずっと この子ばかりを思ってしまう」と真修を膝の上に抱いています。

    c-P5

    2人は親子でもなく恋人でもない、年の離れた他人の男女ですが、それぞれが抱える孤独に惹かれ、お互いを必要としていることが伝わる印象的なシーンです。真修はとても12歳小学生とは思えない、美しく大人びた表情で聡子に抱かれています。

    しかし真修はやはり12歳で、こんな風に小学生らしい無邪気な笑顔を見せることも。

    c-P72

    さらに、だんだんと心を通わせていく中で、2人はついに、こんな状況に……

    P071-092-03折私の少年B下9sr

    とある出来事がきっかけで傷ついた聡子を、そっと抱きしめる真修。その表情は驚くほど大人びて美しく、自分よりずっと年下の少年にこんな風に抱きしめられたら……世の女性たちの心は、聡子同様にかき乱されてしまうのではないでしょうか? 聡子と真修がどうしてこうなったのか。そして、このあとどうなってしまうのか。この美しいシーンの詳細はぜひ、単行本でお楽しみください!

    〉『私の少年』試し読みはこちら
    http://www.futabasha.co.jp/tachiyomi/ma_watashinoLR/index.html

     

    『私の少年』はどんな人が読んでいる?

    『私の少年』は双葉社「月刊アクション」連載の作品で、単行本は現在第1巻が発売中です。pixivコミックでも公開されており、「いいね!」の数は3万超え。書店店頭でも売れており、6月11日の単行本第1巻発売から重版に次ぐ重版を経て、すでに7刷・10万部が確定しました。その人気ぶりに、特設サイトも開設されています。

    watashinoshonen-winp

    上図は『私の少年』単行本第1巻の購入者クラスタです。全体的に女性からの人気が高く、特に主人公・聡子と同年代の20代~30代女性から圧倒的支持を受けていることが分かります(日販 WIN+調べ)。『私の少年』はいわゆる「オネショタ」(お姉さんと少年のカップリング)ものでありながら、30歳女性の悩みや心の揺れも描かれており、年代の近い女性が共感できる内容となっています。年を重ねるごとに深まっていく孤独感を、寄り添ってそっと癒してくれる美しい少年――「私も真修のような少年に出会いたい!」という女性は多いのではないでしょうか。

    『私の少年』で描かれる聡子と真修の関係がこれからどうなっていくのか、静かに見守っていきましょう。未読の方はぜひ、書店で手に取ってみてくださいね。

    〉『私の少年』特設サイト
    http://webaction.jp/watashinoshonen/

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る