2016年夏アニメ「DAYS」原作コミックはこれを読め!期待度ランキングベスト5【Part5】

2016年07月08日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

原作コミックの放送直前の売上動向や購入層の分析データをもとに厳選した、2016年夏アニメの期待度ランキングベスト5。第1回「はんだくん」、第2回「ReLIFE」、第3回「不機嫌なモノノケ庵」、第4回「甘々と稲妻」に続き、第5回は「DAYS」をご紹介します。

【Part1】「はんだくん」の記事を読む
【Part2】「ReLIFE」の記事を読む
【Part3】「不機嫌なモノノケ庵」の記事を読む
【Part4】「甘々と稲妻」の記事を読む

 

コミック紹介

DAYS 1
著者:安田剛士
発売日:2013年07月
発行所:講談社
価格:463円(税込)
ISBNコード:9784063848984

『DAYS』は、『Over Drive』『振り向くな君は』の安田剛士さんによる熱血サッカー漫画です。講談社「週刊少年マガジン」にて2013年4月から連載されている作品で、2016年度(第40回)講談社漫画賞では少年部門の受賞作に選出(少女部門はぢゅん子『私がモテてどうすんだ』、一般部門は鈴ノ木ユウ『コウノドリ』)。単行本は現在第17巻まで発売されています。

『DAYS』の主人公は、何の取り柄も特技もないけれど、心優しくて熱い心を秘めている少年・柄本つくし。つくしは孤独なサッカーの天才・風間陣に出会ったのをきっかけに、未経験ながら西東京の名門である聖蹟高校サッカー部に入部します。『DAYS』はつくしや風間を中心とした曲者揃いのチームメートたちによる、ひたすらに熱く、どこまでも純粋な、汗と奇跡と友情のサッカー物語。過去の単行本には豊田陽平選手や齋藤学選手、細貝萌選手、中村憲剛選手、大久保嘉人選手、槙野智章選手といったサッカー選手も帯に推薦コメントを寄せており、プロからも評価されている作品です。

 

漫画『DAYS』の読者の特徴は?

days-win

『DAYS』の読者層は10代後半を中心に男性が多く、しっかり“少年”に読まれている少年漫画だということが分かります(日販 WIN+調べ)。『DAYS』の単行本を購入した方が他にどのような漫画を買っているのか調べてみると、『ハイキュー!!』(古舘春一/集英社)や『エリアの騎士』(原作:伊賀大晃 作画:月山可也/講談社)、『MAJOR』(満田拓也/小学館)、『ダイヤのA』(寺嶋裕二/講談社)など、人気のスポーツ漫画が多く見られました。

〉『DAYS』試し読みはこちらから
http://afternoon.moae.jp/lineup/217

1 2
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る